ビットコインレートを取得するUWPアプリを製作しました!の続き

こんにちは!個人的にUWPを勉強していたつもりだったのですが、やってる内容はXamarinだと指摘されるまで気づかなかった小寺です。学ぶことはまだまだたくさんあります。

先日、研修で行ったUWPアプリの製作について酒井が記事にしました。

ビットコインレートを取得するUWPアプリを製作しました!(2017年5月9日)
http://wp.me/p7xtQO-dCm

今回、その記事で実装ができなかった「QRコードからビットコインアドレスを取得する。」について書いていきます!!


今回実装したアプリの全体図です。

20170609_1.png


一番下にある「QRcode Scan」のボタンを押すと…
e382ade383a3e38397e38381e383a3.png


このようにカメラが起動されるので自分のビットコインアドレス情報の入ったQRコードを読み込んでみます。
e382ade383a3e38397e38381e383a31.png


QRコードが読み込まれると、ビットコインアドレスが表示されます!
うまくいきました(*^^)v

e382ade383a3e38397e38381e383a33.png


今回、QRコードの実装に関して参考にした記事はこちらになります。

ZXing.Net Mobile を使ってみた -Android 編-

http://ytabuchi.hatenablog.com/entry/2016/03/10/212502

今回は実装できることを目的として製作していたので、UX・UIの所は疎かになってしまいました。
今回製作したアプリに限った話ではないのですが、どう制作すればユーザーに長く利用してもらえるのかなど、いろいろ考えていきながら製作を行っていきたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中