Tech Summit 2018: クラウド移行方式の勘所 ~データベース編~

こんにちは、松枝です。
私はDAY3のみ参加させていただきました。
DB絡みのノウハウを学べるセッションを重点的に受講しましたので、順にご紹介したいと思います。
関係ないですが、普段は名古屋に住んでいるので、帰りに東京タワーが光っていて綺麗だなと思いました。

クラウド移行方式の勘所 ~データベース編~(DA04)

どのDBに移行するか?

移行先 特徴
SQL Server on Azure VM(IaaS) 多彩な構成済みVMイメージあり。HW管理からの解放。メンテはユーザ様にて対応
Azure SQL Database – Single SQL Server の1つのインスタンスを切り出した形。新規SaaSアプリ向け
Azure SQL Database – Elastic Pool Singleを複数束ねてリソースを共有して効率的に使用。時間によって負荷の高い時間が競合しない場合使える。新規SaaSアプリ向け
Azure SQL Database – Managed Instance(10月GA)☆ SQL Server と互換性が高い。SQL Server 2015 以降からの直接移行をサポート。インスタンスレベルのサービス。既存システムをクラウドに移行するときに使える!
Azure SQL Data Warehouse DWHのワークロード対応。スケールイン・アウトや停止が可能(停止すればストレージのみ課金)。SQL Server、Oracle Exadata・・などからの移行がターゲット
Azure Cosmos DB Document型のDB
Azure Open Source Database OSSのDB移行先。MariaDBが最近追加になった

どうやって決めるか?

  • ノックアウト条件によってどれを採用するかが決まる☆
SQL SERVER ON AZURE VM SINGLE ELASTIC POOL MANAGED INSTANCE SQL DW
OS/DBの管理、修正プログラムの適用 必要 不要(自動) 不要(自動) 不要(自動) 不要(自動)
修正プログラムの適用タイミング制御 × × × ×
バックアップ運用 △(要設定) 〇(構成済) 〇(構成済) 〇(構成済) 〇(構成済)
可用性構成 △(要設定) 〇(構成済) 〇(構成済) 〇(構成済) 〇(構成済)
ファイルパスの指定 × × × ×
  • 閉域アクセスに対応するならPaaSはServiceEndpoint☆
    • Managed Instanceならインターネットに出ることなく閉域アクセス可能☆

まずはシンプルな条件でざっくりと決め、ノックアウト条件で対象を絞り、フィット&ギャップして最終判断するべし。

活用可能なツール

DATA MIGRATION ASSISTANTDMA
  • 下位互換がない、バージョンで推奨されない機能の一覧を提供
  • 移行前に無効化するコマンドを推奨したり、移行先で使えるものを教えてくれたりする
  • エンジンレベルでの比較になるので、アプリの単位では検出不可
DTU CALCULATOR
  • 適切な価格レベルの移行先を見つけられる
AZURE DATABASE MIGRATION SERVICE (DMS)
  • SQL Service 2005 – 2017に対応
  • オンラインマイグレーション(Preview)
  • 移行時はリハーサルとクリーンアップを忘れずに☆
  • リハーサルとフィードバックは2回以上実施すること!
  • バックアップしておかないと、いつ何が起こるか分かりませんよ

感想

  • AzureのDBサービスのどれを選択すればよいかの指標を知ることができました。
  • オンプレDBをクラウドに移行する際の難しさを再確認し、一つずつ着実に実行する必要性を理解しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。