LINEでコーヒーをお気に召すまま我が儘に注文~話題のTOUCH-AND-GO COFFEE体験~
2019-06-19
azblob://2022/11/11/eyecatch/2019-06-19-touch-and-go-coffee-000.jpg

はじめに

最近話題のLINEからカスタマイズできるフレーバーコーヒーを事前注文して、店舗ですぐに受け取れるTOUCH-AND-GO COFFEEを体験してきたレポートです。 事前注文できてキャッシュレスなのでMaaSに繋がりそうだと思って行ってきました! 実はこのTOUCH-AND-GO COFFEEはターゲットがオフィス街のワーカーらしく、平日の7:00 - 19:00しかやっていません。 そのため、遅刻しないように早起きして走って行ってきました。

事前注文

LINEで友達登録をして、そのトークから注文していきます。 私は何とか乗った浅草線の中で注文しました。 注文するボタンを押すと、オーダーが始まります。

店舗を決めると、最短の受取時間が表示されます。 めちゃくちゃ混んでいて待つかなと思ったのですが、たった2分後が最短だったので驚きました。 いよいよ、フレーバーコーヒーの注文です。

注文は全部で6ステップで項目は以下の通りです。 ベースドリンクからフレーバーまで様々なカスタマイズができます。

注文を進めていると、混んでいるのか、マシンスペックが足りないのか、以下のように応答が返ってこないときが時々ありました。

6ステップすべて選択すると、カスタマイズした結果が表示され、注文を確定するか聞かれます。

注文を確定すると、サイドメニューが表示されます。 今回はサイドメニューと一緒に注文してみました。

「この商品を一緒に注文する」を選択すると、ラベルネームの登録に移ります。 誰のコーヒーかわかりやすくていいですね。

次におそらく初回の注文のみですが、アカウント作成画面に移ります。

登録ボタンを押すと、注文確認画面に遷移します。 ここではスクロールして支払い方法の選択と受取時間の選択を行いました。

注文確定すると、以下のような画面に遷移します。

トーク画面にも受取時間が表示されます。

商品受け取り

移動途中でコーヒーの完成の通知が来ました。

日本橋駅近くの店舗へ向かいます。 スタイリッシュでかっこいい店舗でした。

中に入ると店舗にレジカウンターなどはなく、左手にロッカーが設置されています。 その画面の2行目に私の注文したコーヒーが載っていました。

ロッカーを開けてコーヒーを取り出します。 見づらいですが、左のスペースにお菓子が置かれていました。 また、ロッカー自体が保温機能が付いているのか、コーヒーはちゃんと冷たいままでした。

ということで、カスタマイズしたフレーバーコーヒーとお菓子を無事手に入れることができました! 注文した通り、チョコフレーバーの甘くておいしいコーヒーでした!!

LINEからカスタマイズできるフレーバーコーヒーを事前注文して、店舗ですぐに受け取れるTOUCH-AND-GO COFFEEを体験してきました。 今回は注文のためのLINEと店舗検索のためのGoogleMapと行き来しながらコーヒーを入手しましたが、MaaSのレベル4で移動以外のサービスとの連携が行われればもっとスムーズになるかもしれませんね。