Power Appsで困ったら相談してみよう!Japan Power Apps User Groupコミュニティのご紹介

この記事はFIXER 3rd Advent Calendar 2020 (https://adventar.org/calendars/5928) 8日目の記事です。
前日はこちら(https://tech-blog.cloud-config.jp/2020-12-05-tired-making-chatbot-3

みなさん、こんにちは!四日市市の高度IT人材育成講義でPower Appsに興味を持ち始めた中根です。普段はアプリを作ったり、プログラムを書いたりすることはない(正確には書けない)のですが、実際に使ってみると、意外と簡単!と感じたので、ちょっとずつ勉強しています。

まずは、FIXERのPower Platform Master荒井さんが以前に書いたブログ「Power Apps を使って、Webサービスをノーコーディングで作ってみた。」を参考にポータルを作ってみます。

「エンティティ」という存在

ブログを読み進め、「エンティティの作成」と出てきました。画面上を必死に探しますが、エンティティは見当たりません。まさかこんな初歩的なとこで躓くとは。。。仕方なく荒井先生に連絡し、「エンティティが見つかりません<m(__)m>」と質問すると、すぐに「エンティティという文言はデータに変わりました」と即答いただきました。さすが荒井先生!また、クラウドサービスということもありPower Appsも日々進化をしている模様です。個人的には「エンティティ」より「データ」のほうが分かりやすい!

ふと気が付いた「サインイン」ボタン

その後はブログを見ながら順調に作業を進め、特に躓くことなく作成できました!正直な感想としては、とてもカンタン♪

作ったポータルをポチポチと操作していると、ふと以下の画像の赤で囲われたサインインボタンが目に入ってきました。

特に必要がないので、消したいな~と思い、Power Appsの編集画面に戻りました。ここでもない、そこでもないと色々操作しましたが結局編集ボタンは見つけられませんでした。また、インターネットで探してもなかなかうまい情報が見つけられませんでした。イメージ的には、チェックボックスやトグルボタンのON/OFFぐらいで考えていましたが、どうやら違ったようです。これは再びあの人の出番!そう荒井先生です!

「荒井先生、たびたびすみませんが、1つご相談が…Power Appsで作ったポータルのヘッダーにあるサインインボタンを消したいですが…。えっ?えっ??ご存じない???」

さすがの荒井先生も今までに同様の質問を受けたことがなく、やり方はわからないとのこと。ただ、荒井先生は秘策を持っていました!

みなさんご存じでしたか?Power Appsで困ったら相談できる Japan Power Apps User Groupコミュニティがあることを!

荒井先生が教えてくれたのは、facebookのJapan Power Apps User Groupでした。なんと、このサイトはPower Appsについての情報が得られたり、疑問点を質問できたりします!

今回は私に変わり、荒井先生がfacebook上で質問を投稿してくれました!それから数日後、1通の返事が…。

項目には黄色いマーカーを引いていただき、HTMLに関してはこの部分を修正とわかるように「WEBテンプレートを修正するほうが良い」とコメントをいただきました!アドバイスを元に修正したところ…

無事、ヘッダー部分のサインインボタンを消すことができました!

ちなみに「エンティティ」から「データ」に文言変更された件も、Japan Power Apps User Groupの投稿に載っておりました!

最後に・・・

ノーコーディングでポータル、アプリが作れます。ツールとしては素晴らしい!ただ、実際にアプリを作ってみると、「ここをこうしたい」、「あそこを変えたい」などやりたいことはたくさん出てくると思います。その部分をどう対処できるかでツールの広がり具合は変わるものだと感じました!


【DX人材を育成する新サービスのご案内】

このたび、ノーコード・ローコード開発に興味のある方に向けて、Power Platformを活用した「クラウドアプリ開発実践講座」をご用意しました!
さっそく、金融機関様などで全社的な研修にご採用をいただいております。
ほぼマウス操作だけでアプリが作れてしまう時代。プログラミング未経験の方でも、社内業務の自動化やデータ可視化ツールの開発をリードできるようになります。
いまならお試し60分無料体験講座を開催中です!ぜひお試しください☆

クラウドアプリ開発実践講座
https://sales.fixer.co.jp/dx-training