忙しい人のためのAzure DevOps【後編】

はじめに

この記事はFIXER 2nd Advent Calendar 2020 (https://adventar.org/calendars/5752) 17日目の記事です。

こんにちは、20期卒の石井です。

先日の忙しい人のためのAzure DevOps【中編】に引き続いて、Azure DevOpsの機能を紹介していきたいと思います。

当記事ではAzure ArtifactsとAzure DevOpsの拡張機能について説明していきます。

Azure Artifacts について

Azure Artifacts は npmやNuGetのような機能を持つパッケージ管理サービスです。

Azure Artifactsのいいところは、どのパッケージも一元に管理することができ、Azure Pipelines の CI/CD にそのまま組み込んで使うことができるというところです。

当然、自分のプロジェクトをパッケージ化したものを使うこともできます。

Azure Pipelines で CI/CD の仕組みを作ることを考えているなら、 Azure Artifacts でパッケージを管理することをお勧めします!

Azure DevOps 拡張機能について

そのままでもプロジェクト管理ツールとして優秀な Azure DevOps ですが、Market には 1000以上の拡張機能が存在しています。

Extensions for Azure DevOps

例えば、Azure BoardsとSlackを連携する外部サービスとの連携する拡張機能や、

Azure BoardsにRetrospectiveという項目を追加する既存サービスを拡張する拡張機能があります。

様々な拡張機能がありますが、有料のものもあるのでそこには注意してください!

また、Azure DevOpsの拡張機能を自分で作ることもできるので、独自のカスタマイズがお好きな方も大丈夫です。

さらに、自作の拡張機能を公開して、他のAzureDevOpsユーザからレビューをもらって、自作の拡張機能を改善するということもできます。

おわりに

当記事では、 Azure DevOpsの機能である Azure Artifacts、 Azure DevOpsの拡張機能 について解説しました。

全3回の『忙しい人のためのAzureDevOps』はいかがだったでしょうか?
久しぶりにブログを書いたので拙いところもあったと思いますが、
「Azure DevOpsに興味を持った!」
「Azure DevOpsを使ってみたい!」
と思っていただけたなら、嬉しいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。