【2021年8月 2weeksインターンシップ】2Weeksインターンシップで自分の今後を見直した件

株式会社FIXER新卒採用担当の諸見里です。この度、8月16日~27日までの2週間で夏季インターンシップを実施いたしました。今回のインターンシップは18名にご参加いただき、最終日に参加者全員にブログを書いていただきましたので、その内容を代筆いたしました。以下内容がインターン生のブログになりますのでご覧ください。

2weeksインターンシップに参加しました、チーム雲の久保颯涼です。 この記事ではインターンシップに参加する前と後の自分の心境の変化について書いていこうと思います。

1 参加の理由・目的

まずは自分がインターンシップに参加しようと思った理由・目的ですね。

超ありきたりな理由になるのですが、いわゆる  社会勉強  です。

もともと就職希望だったのでインターンには絶対参加したくて、そんなときに学校にきた募集の一覧でFIXERを見つけました。FIXERのことはこの時に初めて知り、内容がアプリ開発で、元々アプリ開発自体にもクラウドにも興味があったので楽しそうだなと思い応募しました。

2 参加直前の気持ち

参加直前の自分の頭の中ですね、正直な話をすると

 

行きたくない、、、、、、、、

これでした。

面倒くさいとかそうゆうのではなく、ただただ不安でした。

参加するときにプログラミングの経験量を聞かれたり応募者多数と書いてあったりと、もう自分の技術力の無さでチームになった人たちの足を全力で引っ張るんじゃないか、迷惑しかかけないんじゃないかそんな気持ちでいっぱいでした。

完全に下の画像の状態ですね、しんどかったです。

3 参加中の気持ちと学んだこと

そんなこんなでいつの間にか夏休みが終わりに近づき課題も終わらないまま不安だらけでインターン始まったわけですが、結論から言います、 、 、

めちゃくちゃ参加して良かったです!!!!!!!

と言いますのも想像以上に楽しくて、社員の方とも交流ができて今書いている間も終わるのがちょっと寂しいです、 、 、泣

不安ばかりで始まったインターンですが、メンターの本田さん、池田さんもとてもいい雰囲気で接してくれて、技術面やプレゼンの仕方、見やすい資料の作り方などいろいろなところでサポートしてくださりとても頼りになりました!

チームリーダーの長谷川さん、メンバーの大山さん・須澤さん・チェンダさん、皆さんとてもいい人たちで作業もとてもしやすくて楽しかったです

開発も割とはやく進み役割分担等もしっかりできていたのではないでしょうか。

このインターンシップで学んだこと、もちろんクラウドのことやPowerAppsのことなど技術面もそうなのですが、やはり一番は

会話の大切さ

これが一番だと自分は思います。

グループワークをする上で写真のように対面で話せなくて雰囲気等が掴みにくい中で些細なことでもチームで会話をすることがとても大切だな、ととても感じました。

4 目的の達成度

達成度ですが、100%いや200%と言ってもいいほど良いものでした。

少しかもしれませんが、FIXERという会社の雰囲気であったり働く人たちの人柄であったりも感じることができ良かったです。

社会勉強としても、もともと会社というのがどんなものかわからないままインターンに参加した中でこんな企業もあるのだなと、こんな企業で将来働けたらなと心から思える2週間でした。

5 自分の今後

冒頭でも書いた通り、インターン前は就職希望でした。

しかし、FIXERの理念の一つでもある挑戦というのにとても感化されて、専攻科に行っていろんなものに触れてから就職したいなと考えがガラッと変わりました。

本当に参加することができて良かったなと思います。

今回はこの2週間のインターンシップでの心境の変化について記事にしました。

この2週間のインターンシップ、FIXERという企業の雰囲気チームワークの重要性についても理解することができ、また自分の今後についいても色々考えさせられた期間でした。

インターンシップの企業にFIXERを選んで本当に良かったなと思います。

ありがとうございました!!!!

企業見学四日市か東京か、めちゃくちゃ迷います(笑