LUISと401エラー

こんにちは。現在LUISとBot Frameworkを使った作業を行っています。そこでエラーが出てしまい、作業が進まなくなってしまいました。

LUIS(Language Understanding Intelligent Service)
https://www.luis.ai/

LUISとは、MicrosoftのCognitive Servicesの一つであり自然言語理解を行うAPIです。MSアカウントがあれば試用版を試すことができます。しかし、Luisの無料枠では1000回のトランザクションが限界です。そのため、Azure上のCognitive Servicesから有料のLuisのキーを取得し、Luisの適用させようとしたのですが・・・

続きを読む

[Cognitive Services]Video Indexerで日本語の動画が、どの程度分析出来るか試してみました。

こんにちは、早い所で新しいCognitive Servicesの発表からもう1ヶ月経とうとしています。

今回は今年5月にpreview版が発表された、Video Indexerで日本語の動画がどの程度使えるのか試してみました。
続きを読む

Cognitive ServicesのQnA Makerで簡単Bot作成(その1)

Cloud Application Engineerの内海です。

今回はCongnitive Servicesの新しい仲間、
QandAを簡単に作れる『QnA Maker』の紹介です。

なんとFAQページのURLさえ入れれば
自動的にQ&A Bot(に利用できるAPI)を作成してくれるサービスになっています。

今回はAPI作成まで、
次回はBot Service(これもまた新サービス)と組み合わせてBotを作成したいと思います。

それでは早速、試してみましょう!
続きを読む

[C#] Cognitive Services日本語音声認識API『Bing Speech Recognition API』の更新

Cloud Application Engineerの内海です。

Microsoft Azure Cognitive Servicesの音声合成APIである『Speech API』に更新があったようです。
前回はトークン取得と音声合成API『Bing Text To Speech API』について触れたので、
今回は音声認識API『Bing Speech Recognition API』に触れたいと思います。
(といってもC#コーディングで試すだけですが…)
続きを読む

[C#] Cognitive Services日本語音声合成API『Bing Text To Speech API』の更新

Cloud Application Engineerの内海です。

Microsoft Azure Cognitive Servicesの音声合成APIである『Speech API』に更新があったようです。
今回はトークン取得と音声合成API『Bing Text To Speech API』について少し触れたいと思います。
続きを読む

[LUIS] Language Understanding Intelligent Serviceの自動再学習アルゴリズム

Cloud Application Engineerの内海です。

今回はMicrosoft AzureのCognitive Servicesの中からコマンドの意図解釈が可能となるLanguage Understanding Intelligent Service(通称LUIS)の自動再学習アルゴリズムについて話をしたいと思います。

というのもLUISに用意されたAPIの中に学習済みデータに新規データを追加するものが無いみたいなんですよね(´◉◞౪◟◉)

今回は「じゃあ、用意されたAPIを組み合わせて再学習させるしかないなぁ」という話です。 続きを読む