キャッシュレスをもっと活用!飲み会の割り勘を「現金禁止」にするだけで得られる大きなメリット

皆さんこんにちは!FIXER非公認 キャッシュレス推進委員会の藤谷です。

今回は、「飲み会の割り勘」の効率、正確性を劇的に上げる「飲み会キャッシュレスについて」取り上げてみます。

飲み会の現金率は非常に高い

私は今までキャッシュレスの飲み会に参加したことがありません。少なくとも自分の周りでは現金率100%でした。そのぐらい現金率が高い。

ただ、ツイッターなどで事例を見ていると「飲み会の割り勘をLINE Payでしてみたら便利だった! 」 というツイートをしている人が多数。

やはり最初の導入の障壁はあっても、その後に慣れてしまえば最大限にそのメリットを享受できるのでは?と思い、どのくらい便利か?調べてみました。

まだ現金を使う?現金はこんなに不便

  • 端数が出たときにピッタリその額を持っている人なんていない
  • 人数が多くなると誰が払って誰が払ってないか管理が大変
  • お釣りをいちいち数えて渡さなきゃいけない、お釣りがなかったらどうする?
  • 酔い過ぎて、翌日にちゃんと支払ったか忘れる

現金特有の、これら割り勘事情を一発解消!できるのが最近流行りのバーコード決済アプリです。

Payアプリの個人送金や割り勘機能を使い倒す

PayPayやLINE Payなどが割り勘を支援する機能を提供してくれています。使い方についてはすでにネット上に多数のわかりやすい記事があるのでここでは省いてリンクをお伝えします。

周りの状況や自分のライフスタイルなどを見て一番使いやすいのを選べば良いと思いますが、やはりLINE Payが便利かなと思います。

LINE Payで割り勘

ポイントとしては以下の通り。

  • ラインは使っている人が多い。LINE Payを使っていない人もラインを使っていれば導入しやすい。
  • 割り勘を機能を使えば一人あたりの金額が自動計算
  • 支払った履歴が残る 
  • LINE Payの残高は指定の銀行口座へ出金し現金化できる。

人数の多い飲み会の幹事をしてLINE Pay残高がものすごい額になったとしても、銀行口座へ出金できるのは最大のメリットです。

サシ飲みだと個人間送金のほうがシンプルで便利かもしれません。

意外と知られてないけどLINEで割り勘したらむちゃくちゃ便利だった

PayPayで割り勘

PayPayにもLine Payと同等の機能が存在します。(割り勘、個人間送金)

PayPayで注意すべきなのが残高を銀行口座へ出金できないことです。

PayPayを使ってわりかんする

慣れたら現金にはもう戻れない

北海道にいたとき、前職の元上司とサシ飲みをしました。そのときに、「今日は全部PayPayで支払います!! 」 といって、個人送金しました。

元上司の反応は「え~PayPayの残高が増えても使えるところ限られるじゃん~」っと渋い反応。

でも、問答無用でPayPayで割り勘させてもらい布教。彼のPayPay残高は帰宅時にはものすごい額になっていました。

数カ月後にはPayPayで子供にお小遣いをあげるようになっていた

そんな渋い反応だった元上司ですが、久々にラインをしたところ大きく意識が変わっていまして、子供へのお小遣いもPayPayを検討しているとの嬉しい連絡!キャッシュレス布教成功です。笑  (セブンイレブンのおかげ?)

掲載許可いただきました。

バーコード決済に限らず新しいものって、「よくわからないものは手を出しづらい」という心理的な障壁があり、導入をためらってしまう、また使い慣れていないせいでつい現金を使ってしまう、というのが実情だと思っています。

飲み会でいきなりみんなに使って貰うのは大変かもしれません。その前に、「まずは友達とのサシ飲みから」でも使ってみるとその利便性に気づけるはずです。 何ごとも小さく始めるって大事ですよね。

これからは積極的に、せっかく使うなら最も便利な形で!キャッシュレスを使っていきたいですね!

今後のPayアプリの課題

LINE PayやPayPayはもちろのですが、メルペイ、楽天ペイ、7Payなど次から次へとPayアプリが乱立しています。このままだと複雑だし却って不便になりかねない…

今後期待するのは、

  • 誰がなんのPayアプリを使ってても他の人から見たら全部同じ「バーコード決済」となるように統合される
  • 統合されることにより、店舗で「○○Payで」って言わなくても良くなる(バーコード決済で、って言う)
  • バーコードの規格を統一する

実はすでに動きが出ていましてバーコードの規格統一化も実験されているようです。

QRコード決済の統一規格「JPQR」、各事業者が導入へ 8月から実証実験

また、様々なコードを1つにまとめる店舗向けサービス「クラウドペイ」が登場したようです。

QRコード決済時のイライラを解消、d払いやLINE Pay対応のマルチ決済サービス「クラウドペイ」

ですが、まだまだぐちゃぐちゃな状態。整理の余地、課題は多く残っています。今後の動きが楽しみです。

まとめ

せっかくテクノロジーが進化しているのだから、小さなところから試してみる!のが大事だと思っています。「割り勘」に限らず現金関連は特に非効率なことが多く、いかに賢くキャッシュレスを活用できるか?より便利な方法を追求できるか?が今後の課題です。

まずは、友達とのサシ飲みからでも、割り勘をキャッシュレスでやってみてはいかがでしょうか。

一度身近なところで使ってみたことをきっかけに、例えば子供への小遣いをキャッシュレスにしてみるとか、別の所へもキャッシュレスの波が発展していくかもしれません。

そういえばスタバが今日から 東京都内の56店舗で 事前決済サービスをリリースしたようです。これからの時代、「店には店員がいる」という常識も覆るのではと思っています。スタバ、早速行ってみます!

レジに並ばず、事前に注文決済し、お店で商品を受け取るだけ
「Mobile Order & Pay」、都内56店舗でスタート

FIXER Inc. 藤谷 尋
  • FIXER Inc. 藤谷 尋
  • cloud.config Div所属
    新卒入社したデータセンターでカード会社向けの信販系システムを5年担当した後、一部上場の食品メーカーで社内SEを経て現職。去年は非エンジニア職向け、月間100万PV 業務効率化ブログ執筆チームで執筆していました。
    キャッシュレスに強い関心があり、スマートホームなど身近なところでテクノロジーを活用しています。
    twitter @libartweb

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。