DeepLearningしてたら学習データが大きすぎて容量が足りない・・・でもAzure VMなら簡単にOSディスク容量が増やせた話[Ubuntu]

はじめに

DeepLearningしていて、いざ学習データをダウンロードしようとしたら、思いのほか学習データが大きくてディスク容量不足ってことはよくあると思います。
そんなとき、Azure Virtual Machines(VM)なら電気屋さんに駆けこまず、簡単にOSディスク容量を増やすことができます。

環境

  • Azure Virtual Machines
  • Standard NV6_Promo (6 vcpu 数、56 GiB メモリ)
  • Linux (ubuntu 18.04)

Azure Portalでの作業

リソースグループから対象のVirtual Machinesにアクセスします。

左側のメニューバーのディスクをクリックし、OSディスクを選択します。

すると、このようにディスクの概要を見ることができます。

左側のメニューバーの構成を選択し、サイズを変更します。

以上でAzure Portal上の操作は終了です。
これから、VM上でこの増やした容量を認識させてOSディスクの容量を拡張していきます。

VM上の作業

まず、現在の容量を確認していきます。

$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev             28G     0   28G   0% /dev
tmpfs           5.6G  1.1M  5.6G   1% /run
/dev/sda1        58G   22G   37G  38% /
tmpfs            28G     0   28G   0% /dev/shm
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs            28G     0   28G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda15      105M  3.6M  101M   4% /boot/efi
/dev/sdb1       334G   69M  317G   1% /mnt
tmpfs           5.6G   36K  5.6G   1% /run/user/116
tmpfs           5.6G     0  5.6G   0% /run/user/1000

Use100%だった/dev/sda1が、じ、自動で増えてる…。
参考文献だと、このあと色々コマンドを打っていたのですが、不要なようですね。

おわりに

Azure VMで簡単にOSディスク容量を増やすことができました。
これでうっかり容量不足になってもだいじょうぶですね!

参考文献

https://qiita.com/yotan/items/30c973814537ea45f452#centos%E5%81%B4%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E6%8B%A1%E5%BC%B5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。