[機械学習であそぼ]PowerAppsで名刺リーダーアプリを作ろう
2019-08-15
azblob://2022/11/11/eyecatch/2019-08-15-making-business-card-reader-app-with-powerapps-000-e1565847140681.jpg

はじめに

前回はAI Builderで顧客の購入予測をしてみました。 今回は、PowerAppsのAI Builderの名刺リーダーを利用して、名刺リーダーアプリを作成してみました。

名刺リーダーアプリの作成

1. PowerAppsの「アプリ」タブの左上の「アプリの作成」>「キャンパス」をクリック

2. 「空のアプリ」>「携帯電話レイアウト」を選択

3. 「AI Builder」>「名刺リーダー」を選択

4. いい感じにラベルやらを配置

ラベルにBusinessCardReader1.FullNameなどを入力すると、名刺から読み取った値が挿入されます。 このページによると取得できる値は、以下の12個のようです。

  • CompanyName
  • Department
  • Email
  • FirstName
  • FullAddress
  • FullName
  • JobTitle
  • LastName
  • Phone1
  • Phone2
  • Phone3
  • Website

今回はCompanyName、Department、FullNameを上から順に配置してみました。

6. 「ファイル」>「名前を付けて保存」でアプリを保存

以上でPowerAppsの作成は終了です。 それではせっかくなので、スマートフォンでのアプリの実行をしてみましょう。

1. アプリの起動

2. ビジネスカードのスキャンをタップ

3. 写真から撮影で名刺を撮影

まだ英語にしか対応していないため、新名刺だと全くなにも読み取れませんでした。

旧名刺の英語面を読み込ませてみました。

部署名は書いてないので、読み取れませんでしたが、企業名とフルネームは読み取れました。

おわりに

PowerAppsで名刺リーダーアプリの作成を行いました。 日本語対応に期待ですね。

【DX人材を育成する新サービスのご案内】

このたび、ノーコード・ローコード開発に興味のある方に向けて、Power Platformを活用した「クラウドアプリ開発実践講座」をご用意しました!さっそく、金融機関様などで全社的な研修にご採用をいただいております。ほぼマウス操作だけでアプリが作れてしまう時代。プログラミング未経験の方でも、社内業務の自動化やデータ可視化ツールの開発をリードできるようになります。いまならお試し60分無料体験講座を開催中です!ぜひお試しください☆クラウドアプリ開発実践講座https://sales.fixer.co.jp/dx-training