Ubuntu で chkconfig の代わりに update-rc.d を使う

現在、OS起動時に自動起動させたいデーモンの設定を CentOS などのRedhat 系では chkconfig, Debian では update-rc.d を insserv に置き換えて設定しますが、Ubuntu の場合は update-rc.d で設定できます。

Ubuntu 12.10 から chkconfig が使えなくなったので、代わりに使う update-rc.d についてまとめました。

chkconfig と update-rc.d の簡易対応表

chkconfigupdate-rc.d
$ chkconfig <script> on
or
$ chkconfig –add <script>
$ update-rc.d <script> defaults
$ chkconfig <script> off
or
$ chkconfig –del <script>
$ update-rc.d <script> remove

update-rc.d の書式

update-rc.d [-n][-f<script> defaults [NN | NN-start NN-stop]
update-rc.d [-n][-f<script> remove
update-rc.d [-n][-f<script> start|stop NN runlevel runlevel … .start|stop NN runlevel runlevel

defaults を指定すると、<script> をランレベル2345にサービスの起動用リンクを、ランレベル016にサービスの停止用リンクを作成します。
 remove を指定すると、<script> のリンクを全てのランレベルから削除します。

NN にはシーケンスコード番号を2桁の数字で指定します。シーケンスコード番号は、init がスクリプトを実行する順序を決めるために利用されます。依存関係のあるスクリプトを実行/停止する場合に指定します。 (デフォルト値は20、大きいほど後で実行される)
但し、ubuntu 18.04 ではサポートされていない模様です。 下記の manpage では NN についての記述がそもそもありません。

$ update-rc.d <script> start 20 2 3 4 5 . stop 20 0 1 6 .
update-rc.d: warning: start and stop actions are no longer supported; falling back to defaults

各コマンドの manpage はこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。