リフレッシュはいかがでしょう ~「血糖値」をマネジメントする~

FIXER Strategy Divisionの堀ノ内です。毎回「健康」や「リフレッシュ」など、デスクワークが多いエンジニアの皆さんの何かヒントになるようなお話ができればと思います。

【前回】リフレッシュはいかがでしょう ~東京の自然を満喫する~

今回のテーマは「食事」についてお話したいと思います。

夕食が遅い生活習慣

説明するまでもなく、大半の方がこの生活習慣ではないでしょうか。

私の夕食は平均して21-22時くらいです。とてもお腹が減ってからの夕食になるので、どうしても満足するまで食べてしまいます。

結果的に体重がコントロールできなくなってきます。

「腹八分目」とか試したこともありますが、中途半端で、そのあとまた食べたりして落ち着かないので、私には向いてないなと思っています。

きっかけはトレラン

医学的には、血糖値が下がるからお腹が減るようです。

つまり、血糖値を下げなければ、お腹は減らない。お腹が減らなければ、食事も適量で美味しく、満足できるのではと考えた訳です。

では、血糖値をコントロールするにあたり、参考にしたのがトレランでの、ある出来事です。
リフレッシュはいかがでしょう ~「自然」に身を置いてみる~

トレランの際は、長い距離を長時間にわたり、走ったり歩いたりします。その間、こまめにナッツやドライフルーツなどを摂取しながら進みます。

以前、トレラン仲間からナッツを手のひらにもらい、一気に口に入れたところ「そんな摂りかたはダメ。少しずつゆっくり食べて。」と注意されました。一気摂ると急に血糖値が上がるよ。その後一気に下がり、突然身体が動かなくなるよとのこと。つまり「血糖値マネジメント」が大事と教えてくれました。

オフィスでもやってみた

そのきっかけもあり、オフィスでもやってみました。

一気に食べるのではなく、少しずつ、間をあけてナッツを摂ってみました。あわせて水分も。
結果は、想像の通りでした。

あくまで私の実感ですが、例えば夕方とかに急激な空腹に襲われて、集中力が切れるということがなくなりました。

また、昼食や夕食も満足するまで食べるということがなくなりました。

多分、私には合ったやり方のようです。

おわりに

この取り組みをやり始めて、ミックスナッツを自分でブレンドするようになりました。
ナッツや、ドライフルーツなど、買い物に行く度に売り場を見て、新しい銘柄を買ったり、組み合わせたりするのが週末の楽しみになっています。

血糖値のコントロールのことなど、ネットでもいろいろ出ているので興味があれば知らべてみてください。

どうしても夕食を食べ過ぎてしまうなと思った時、今回の記事を思い出してもらえたら幸いです。

FIXER Inc. 堀ノ内 健太
  • FIXER Inc. 堀ノ内 健太
  • FIXER Strategy Divisionの堀ノ内です。ずっとシステム業界に身を置いているのですが、元々教師を目指しておりました。理系出身なので数学教師の免許を取得しましたが、保健体育の免許も取得しました。そんな背景もあり「健康」や「リフレッシュ」などデスクワークが多いエンジニアの皆さんの何かヒントになるようなお話できればと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。