Azure Update Management を試してみた

今回はWindows Updateの自動化について書きます。

Azure Update Management とは

詳細は公式のドキュメントを参考↓

Azure Automation の Update Management ソリューションを使用すると、Azure、オンプレミスの環境、その他のクラウド プロバイダーで、Windows コンピューターと Linux コンピューターに対してオペレーティング システムの更新プログラムを管理できます。 すべてのエージェント コンピューターで利用可能な更新プログラムの状態をすばやく評価し、サーバーに必要な更新プログラムをインストールするプロセスを管理できます。

出典: Azure の Update Management ソリューション

Windows/LinuxサーバのOS更新を管理、自動インストールを行うサービスとなります。
こちらはAzure上のサービスですが、Azure環境以外にもオンプレミスの仮想マシンで利用可能です。

構築手順

Azure上でWindows Serverを構築し、Windows Updateの自動化を実際に試してみます。

用意したリソース
・仮想マシン(Windows Server 2016)
・Automation アカウント
・Log Analytics ワークスペース

1.Log Analytics ワークスペースの作成

Log Analytics ワークスペースの作成

2.Automation アカウントの作成
Azure 実行アカウントの作成について

Automation アカウントの作成

3.仮想マシン側での設定
仮想マシンの構築方法は割愛します。
Log Analytics ワークスペース、Automation アカウント を作成したら、仮想マシンのブレードから、「更新プログラムの管理」を選択します。
「このVMを有効化」にチェックを入れ、作成したリソースを指定し有効化します。

更新の管理の有効化

4.更新プログラムの検出
有効化後、仮想マシンにエージェントがインストールされ、不足している更新プログラムが検出されます。取得には時間がかかります。

必要な更新プログラムの一覧が表示される

5.スケジュールの設定
自動更新の準備は整ったので、スケジュールを設定していきましょう。

「更新プログラムの展開のスケジュール」から、各種設定を反映可能となります。
更新プログラムの分類:セキュリティ更新プログラム、Service Packなどの指定が可能
・更新プログラムの包含/除外:更新プログラムのKBIDでの指定
・スケジュール設定:任意のスケジュールで更新を実施
事前スクリプトと事後スクリプト:スクリプトを構成可能
・メンテナンス期間:更新に確保する時間
・再起動のオプション:再起動の有無を指定可能

全て設定したら、作成します。

毎月25日の22:00に実行するスケジュール

6.自動更新の確認
設定した時刻になると自動的に更新が実施されます。
実際の環境では、22:00:45 ~ 22:06:40の間に4件の更新プログラムのインストールが確認できました。

スケジュールの実行履歴

対象のWindows Serverでもインストールが成功していることが確認できました。

Windows Updateの更新履歴

所感

OS更新における手間を短縮できるツールとして活用可能です。
特にAzureの標準機能として提供されているため、構成管理ツールなどを使わなくても直感的に操作可能、という点が魅力的です。
IaaS運用担当の方は一度試してみてはいかがでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。