エンジニアのための管理会計 ~会社に利益を残すためにすべきこと~ ①原価計算

FIXER Strategy Divisionの堀ノ内です。

2019年9月から経営企画グループとなり、会社経営に関わる数字を扱う業務を行うことになりました。

業務を行うにあたり何冊か本を読み「これはわかりやすいな」というのがありましたので、その紹介を兼ねてブログをアップします。

このテーマにした背景

私たちの会社は2020年3月1日現在、平均年齢が31.2歳です。

業界的にはそうでもないかもしれませんが、一般的には若い会社という分類に入るかと思います。

実際、入社数年のメンバーが多くを占めています。

そのメンバ-において、今は開発者としての力を付ける時期で、日々目の前の課題に対して取り組む時間が大半です。

しかし、ただモノを作るだけでなく「利益を残せるモノ作り」の意識で取り組んでいくことが重要です。

なぜならば、その利益を使って「モノを提供した」ところへの継続的なサポートを行ったり「さらによいモノ作り」を行うためです。

よって、その逆(利益を残せない)を行っていけないことは、容易に想像ができるかと思います。

では「利益を残す」ためにはどうしたらよいか。

本ブログで、その勉強を行うためのきっかけとなればと幸いです。

本の紹介

(出所)社長になる人のための経営の本

管理会計とは

管理会計に対して、財務会計という単語があります。

違いをざっくりいうと「財務会計」は外部に公表することを目的に、「管理会計」は企業内で会計面から分析することを目的に作成されます。

本ブログでは管理会計のことを書いています。

では早速、本論に入ります。

管理会計は経営に役立つ会計を目指しています。経営の現状を認識し、問題点を見つけ出し、解決への道筋を示し、行動への橋渡しをすること。

 (出所より)

会社を経営していくということは、毎日、問題を解決していくことです。

既存事業をどうするか。

新規事業をどうするか。

この案件は受けるのか、断るのか・・・

つまり意思決定の連続です。

管理会計はその意思決定に必要な材料になります。

その意味で、管理会計は「意思決定会計」「戦略会計」とも呼ばれ、経営管理そのものとも呼ばれるようです。

まずは原価計算から

原価がわかれば会社がわかる。

(出所より)

会社の目的は、なんといっても利益を上げることです。

売上 ー 原価 = 利益

ここに会社の目的が詰まっています。

売上は相手もあることで、自らの意思で動かすのが難しいものです。

しかし、原価は自らの意思で動かしやすいものです。

原価計算をすることで、モノをつくる原価やコストがわかる。

会社経営にとって重要な、ヒト、モノ、カネがどのように動いているかわかるということになります。

利益を残すためには、原価の構造を正しく把握しておく必要があります。

あるレストランでは、原価計算をせず、適当に値段を決めていたところ、繁盛していたのですが、利益が残っていませんでした。

原価計算したところ、一番売れている700円の料理の原価が650円、売れていない500円の料理の原価が200円だったとのこと。これだと利益は残りません。

自社の製品、サービスにおいても同じようなことが起きてませんでしょうか。

よって、個々の製品、サービスそれぞれの原価管理が重要になってきます。

原価計算を行うことで、①儲かっているか見抜く ②儲かってなければ原価を削減する ③それでも儲からなければやめるか判断する ④今後同じ間違いをしない というプロセスを回します。その結果、「儲かる」会社にしていくことができます。

原価計算は会社経営の基本中の基本で、とても大事だということをご理解いただけると幸いです。

利益を残すために

コスト意識が利益を生み出します。

(出所より)

「原価」を考えることは「儲け」を考えることにつながります。

よって、誰もが常に「原価」のことを意識して仕事をすることが大事です。

わかりやすい言い方だと「自分の給料はどこからでているのか」ということを考えて仕事をすることです。

まずは、自分の持ち場の範囲内で原価を考えてみましょう。

おわりに

今回は「原価計算」というテーマでブログを書かせていただきました。

次回は「損益分岐点を見つけよう」というテーマで書きたいと思っております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

FIXER Inc. 堀ノ内 健太
  • FIXER Inc. 堀ノ内 健太
  • FIXER Strategy Divisionの堀ノ内です。ずっとシステム業界に身を置いているのですが、元々教師を目指しておりました。理系出身なので数学教師の免許を取得しましたが、保健体育の免許も取得しました。そんな背景もあり「健康」や「リフレッシュ」などデスクワークが多いエンジニアの皆さんの何かヒントになるようなお話できればと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。