Fail fast, Change fast, and FIX fast!!!

この記事は、FIXER 3rd Advent Calendar 2020 11日目の記事です。

はじめに

こんにちは。FIXER営業企画のLica.Fです。

今回は、「Fail fast(フェイル ファスト)」について書いてみたいと思います。
入社してからまだ2か月ですが、半月前に部署が変わり、まさにタイトルのような日々を送っています(笑)

ちなみに今回のタイトルは、Google社の元CEOであるエリック・シュミットさんのお言葉、

Fail fast, fail cheap, and fail smart. (早く失敗、安価に失敗、賢く失敗)

これを真似て設定してみました。

Fail fastとは

各単語の意味だと、Failは失敗、Fastは速い、ですね。
一般的な直訳をすると、「早く失敗しなさい」になります。

エリック・シュミットさんの場合は、新規サービスの開発時や事業継続するか否かの判断の時など、さまざまな状況にあてはめて話していたのではないでしょうか。

業界や発信者によって、「早く撤退しよう」とか「誰よりも早く、多く失敗しよう」など、TPO次第で発する意味合いが異なります。

FIXERにおける「Fail fast」

前回のブログでも書きましたが、コロナ禍によりVUCAな時代の今、環境や時代の変化にいかに早く対応できるかが求められています。

失敗を「推奨」している、という表現が適切なのかは分かりませんが・・・
失敗することを恐れず、どんどんチャレンジしながら改善をし続けることにより、若手でも活躍でき、業界最先端サービスの提供ができているのがFIXERなのだと思います。

早い段階で失敗なのか成功なのか、即断即決できるようにチャレンジをし続ける。
そして時代の変化に早く対応をし、「Technology to FIX your challenges.(弊社企業理念)」にあるように、FIXERのテクノロジーで、いち早くみんなのチャレンジを「FIX(=成就)」する。

「Fail fast」は、そのための道しるべになっているのかもしれません。

Lica.F
  • Lica.F
  • 営業企画に所属
    飲食店の開拓をしたいのに、お気に入りのお店に行きがちな日々