Cognitive Serviceを活用して業務効率化できるか検証してみた #Azureリレー

こんにちは!cloud.config営業の野々村です。

ミーティングが多くて議事録などメモを起こす時間がないため、

テクノロジーで解決できないか考えました。

『Azure Speech to Text』という読み上げられた音声を正確にテキスト化できる便利なサービス、こちらを使ってブログを書いてみました。

このブログの内容をテキストで作成し、『Azure Text to Speech』で音声に変換します。その音声から『Azure Speech to Text』でテキストに変換して原文と比較してみて活用できるか検証してみます。

■『Azure Text to Speech』で音声に変換

■『Azure Speech to Text』でテキストに変換

結果がこちら

「こんにちは。 クラウドドットコムひど営業のの村です。 ミーティングが多くて、議事録等でも起こす時間がないため。 テクノロジーで解決できないか考えました。 アジュールspeech toテキストという読み上げられた音声を正確にテキスト化できる便利なサービス。こちらを使ってブログを書いてみました。 このブログの内容をテキストで作成し、アジュールテキストto speechで音声に変換します。 その音声からアジュールspeech toテキストでテキストに変換して原文と比較してみて活用できるか検証してみます。」

動画の様に、テキストから音声変換はかなり流暢な発音になっていたと思います。

このレベルならPowerPointの営業資料に音声説明を加えて、営業効率化することも検討したいです。

音声からテキストへの変換は原文と比べると9割近い精度ですね。

複数人が話す会議だとどこまでの精度が出るのかわかりませんが、メモを残すことが重要だと覆いますので打合せの際『Azure Speech to Text』を活用してみようと思います。

皆様もCognitive Serviceをうまく活用して業務効率化をチャレンジして貰えれば幸いです。