Power BI Desktop で Microsoft Dataverse (Common Data Service) のテーブルを取得する方法 #超小技

おばんです。Azure認定資格兄さんこと、荒井です。

今日は、最近Common Data Serviceから名称が変わったMicrosoft Dataverse のテーブルを Power BI Desktopに取得する手順を紹介します。

この手の手順、意外と情報が出ていないので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

【やること】

  1. Power Apps にログインし、「設定(ネジマーク)」-「セッション詳細」を選択
  2. 表示された「Power Apps セッションの詳細」画面で「Instance url: https://★/」の★部分をコピー
  3. Power BI Desktop を起動し、「データを取得」-「Dataverse」を選択
  4. 「Dataverse」の「環境ドメイン」に2.でコピーした★部分を貼り付け
  5. データ取得完了

  

 

じゃー始めるよ!!

1.Power Apps にログインし、「設定(ネジマーク)」-「セッション詳細」を選択

2.表示された「Power Apps セッションの詳細」画面で「Instance url: https://★/」の★部分をコピー

3.Power BI Desktop を起動し、「データを取得」-「Dataverse」を選択

4.「Dataverse」の「環境ドメイン」に2.でコピーした★部分を貼り付けして「OK」を選択

5.データ取得完了!!!「読み込み」を選択すればBIの世界へ

みなさまのご参考になると幸いです!

以上、「Power BI Desktop で Microsoft Dataverse (Common Data Service) のテーブルを取得する方法 #超小技」でした!!


【DX人材を育成する新サービスのご案内】

このたび、ノーコード・ローコード開発に興味のある方に向けて、Power Platformを活用した「クラウドアプリ開発実践講座」をご用意しました!
さっそく、金融機関様などで全社的な研修にご採用をいただいております。
ほぼマウス操作だけでアプリが作れてしまう時代。プログラミング未経験の方でも、社内業務の自動化やデータ可視化ツールの開発をリードできるようになります。
いまならお試し60分無料体験講座を開催中です!ぜひお試しください☆

クラウドアプリ開発実践講座
https://sales.fixer.co.jp/dx-training

FIXER Inc. 荒井 隆徳
  • FIXER Inc. 荒井 隆徳
  • (あらい たかのり)
    Senior Solutions Specialist / Azure Training instructor
     
    昨日の自分よりも今日の自分、そして今日の自分よりも明日の自分が成長しているように日々FIXERでチャレンジさせていただいてます!日々前進!!