【Power Appsの小ネタ】アイテムの値に応じてギャラリーの高さを変更する

はじめに

こんにちは。酒井です。もう少しで入社して2か月になります。研修ではPower Platform(特にPower Apps)で

開発する機会が多く、意外と使いこなせるようになってきた気がします。

今回は研修中に見つけたPower Appsの小ネタをご紹介します。あまりにニッチなネタですがどこかで

役に立つかも?

完成イメージ

こちらが完成イメージです。

ギャラリー(画像の赤線部分)のアイテムの数値に応じて、高さが変わっていることが確認できると思います。

作成手順

それではさっそく作成手順を見ていきましょう。

1. 空のキャンバスアプリを作成

まずは空のキャンバスアプリを作成しましょう。これが無いと始まりません。

2. ボタンを追加する(スキップ可)

適当にボタンを追加します。そして、ボタンのOnSelectにClearCollect関数を設定します。

このボタンを押すとSampleItemsというコレクションが作成されます。

この手順はギャラリーのデータソースとなるコレクションを作成するために行っております。

そのため、他にデータソース(Microsoft Dataverseのテーブル、SharePointのリストなど)がある場合には、

この手順をスキップできます。

作成したコレクションは画面左上の「ファイル」メニュー(画像の青線部分)のコレクションから

確認することができます。

3. ギャラリーを追加する

画面右上の下向き矢印をクリックすると出てくるメニューからギャラリーを選びます。

ギャラリーは「高さ(伸縮可能、空)」を使用します。

空のギャラリーが追加できました。

データソースは先ほど作成したSampleItemsを選択します。実際に試してみるときは各自で好きなデータソースを

設定してください。

4. ギャラリーに項目を追加する

データソースに接続できましたが、何も表示されていないので項目を追加します。

「[挿入]ペインから項目を追加する」をクリックします。

[挿入]ペインが表示されました。次にテキストラベルを挿入します。valueの値が表示されました。

このままではわかりづらいので見た目を適当に調整します。

次に四角形を追加します。

適当にサイズを変更して境界線っぽくします。

わかりやすいようにギャラリーの背景色を変更します。

背景色はギャラリーの「TemplateFill」プロパティから変更できます。

5. ギャラリーの高さを変更する

下準備が終わりましたので、ここからいよいよ本題に入ります。

とは言ってもそんなに難しくはありません。一瞬で終わります。

先ほど追加した四角形のY座標を弄るだけです。

試しに四角形のY座標を「ThisItem.value * 100」にしてみましょう。

こうすることでY座標の値が「ギャラリーの各アイテムの値×100」になります。

実行してみましょう。

アイテムの値によってギャラリーの大きさが変わっていることが確認できました。

少しわかりづらいので、四角形のY座標を「ThisItem.value * 50」にセットしてギャラリーのサイズを

変更しました。その結果がこちらになります。

以上です。

予定表アプリなんかを作るときに活かせるかもしれません。一度お試しあれ。