Power Apps から Automate を呼び出す ~ ボタンを押したときにメールを送る ~

こんにちは。田中です。
今回はタイトル通りPower AppsからAutomateを呼び出してみます。 例としてキャンバスアプリで入力した値をAutomateに送り、その値をそのままメールで送信します。

1 UIの作成

まずUIを作ります。 とりあえずテキスト入力とボタンを追加します。

テキスト入力のOnChangeで入力中の値を変数に保存します。

# subjectInput.OnChange
UpdateContext({_subject: subjectInput.Text})

# bodyInput.OnChange
UpdateContext({_body: bodyInput.Text})

2 Automateのフローの作成

作成したボタンをクリックしたのち、上部メニューのアクション->Power Automateをクリックします。

新しいフローの作成をクリックします。

Power Appsのボタンをクリックします。

フローの編集画面に入るので、JSONの解析を追加します

コンテンツPowerAppsで確認を選択。 その後サンプルから生成をクリックします。

下のJSONをコピペして完了をクリックします。

{"subject":"", "body":""}

+新しいステップからOutlookのメールの送信(V2)を追加します。 宛先は任意のものに。件名subject本文bodyを選択します。
最後に保存をクリックしてフローの作成は完了です。

3 フローの呼び出しの設定

キャンバスアプリ側の画面に戻り、画面右側のPower Apps のボタンをクリックします。
画像のような画面が表示されていない場合は、キャンバスに追加したボタンを選択した状態で、上部メニューのアクション->Power Automateをクリックします。

最後にキャンバスに配置したボタンのOnSelectを以下のように変更します。

PowerAppsのボタン.Run(JSON({subject:_subject, body:_body}))

これで完成です!

4 試してみる

プレビューから実際に動かしてみます。 適当な文字を入力して、送信ボタンを押します。 メールが届けば成功です!

5 最後に

今回はメールを送信してみましたが、別のコネクタを使ったり、JSONの中身を変えることで様々な応用ができます。 Automateから戻り値を受け取ることもできますが、これについてはまたの機会に。