【PowerAutomateの小ネタ】「実行条件の構成」を使ってみよう。

こんにちは。

ひょんなきっかけでIT企業に飛び込んだ、元旅行の営業マン 加藤です。

FIXERにJoinしてから、早2か月が経ち、よちよち歩きで始めたPowerPlattformも、完全にとは言わないものの、少しずつ使えるようになってきたところです。

今日はそんな中で、他の人から教えてもらったことではありますが、便利だなと思う、かつあまり知られていないような機能な気がしたので、ブログで投稿してみたいと思います。

PowerAutomateで困った!

もともとやりたかったことはこれ。

① お客様からユーザーIDの含まれたフォームが入力される。

② 入力されたユーザーIDが正しいか、別に保管してある、ユーザーIDの一覧Excelを参照する。

③ 入力されたユーザーIDが存在すれば、次のフローへ、存在しなければ、エラーメッセージをメールで送る。

その中で、下記のようなAutomateで組んでみたのですが、困ったことに、上のフローで一致する行が取得できないと、「失敗」になってしまって、下の「条件」に飛ばなくなってしまいました。

Automate

「条件」に何かしらの式を入れれば、できそうな気もしますが、できればノーコードでやりたい!

「実行条件の構成」を使ってみよう。

色々調べた結果、解決策が見つかりました。それが「実行条件の構成」を設定してあげること。

まず、上のフローが失敗したときに実行したいフローを入れます。今回は、メールを送りたいので、「メールの送信」のアクションを選択。

次に「メールの送信」のフローの右の3点を押すと、「実行条件の構成」があるので、それをクリックします。

すると、下図のように「実行されるタイミング」が出てくるので、ここで「失敗しました」を選択すれば、上のフローが完了しなかった時だけ動作するフローを作成することができます。

Automate

こんな感じでボタンをポチポチするだけで、フローの条件付けができました!

実際にフローに組み込んでみた

「実行条件の構成」を使って、実際に組んでみたフローが下図になります。

Automate

「実行条件の構成」を2つ組み合わせることで、ノーコードで簡単に条件付けをすることができました。

さらに「スコープ」を使えば、複数のアクションに一度まとめて、条件付けすることもできます。

ちなみに、この手法は、PowerAutomateに「Try、Catch、Finally テンプレート」としても入っています。

ノーコードで便利に条件付けができる手段なので、工夫して使えそうですね。

今日はここまで!ありがとうございました。

FIXER Inc. 加藤 奨一
  • FIXER Inc. 加藤 奨一
  • ひょんなきっかけでIT企業に飛び込んだ、元旅行の営業マンです。