Power Apps で Power BI のレポートを表示・操作する方法 #超小技 #Power Apps上でPower BIのクロスフィルターも動きます

おばんです。Azure認定資格兄さんこと、荒井です。

自分がやっている業務のすべてを Power Platform で自動化・省力化して、浮いた時間は新しい何かをインプットしたい今日この頃です。新人が Power Platform 使い倒しており、負けないように今日も頑張りまっす(/・ω・)/

 

さて、今日はPower Apps で Power BI のレポートを表示・操作する方法です。

Power Appsのコントロールに「グラフ」-「Power BI タイル」があるのを、皆さんご存じですか?

↑↑↑ これですよ。これ!!!

データ分析を超サポートしてくれる Power BI のレポートが Power Appsとお近づきになり、ますますPower Appsがお便利なサービスになってくれました。Power BI タイルと聞くと、視覚化1個だけかな?と思っちゃいますが、レポート全体を共有可能です!そのため、Power BI サービスで見るレポートのクオリティが、そのままPower Appsで見れちゃう!いやぁ~最高ですね!!

 

ということで今日は Power BI で作成したレポートを、Power Appsのアプリへ埋め込むところまでを紹介してみたいと思いまーす。

【事前準備するもの】

・Power Appsに挿入するPower BIサービスのレポート
 (レポートの作成方法がわからない方は、こちらからどうぞ

 

【やり方】

ざっくり言うと。最初にPower BI サービス上でレポート全体をピン止めし、ダッシュボードに張り付け。
その後、Power Apps で Power BI コントロールを挿入して、参照元にピン止めしたダッシュボードを指定。って感じです。簡単ですね~。

では早速!

1.Power BI サービスのポータルへGo!! ( https://app.powerbi.com/ )

2.Power Appsに挿入したいレポートを開き、ミートボールメニュー(・・・)から「ダッシュボードにピン止め」をクリック

3.ピン止め対象のダッシュボードを指定(今回は新規作成手順でご紹介。適宜読み替えてくださいませ)

以上で、Power BI サービス側の作業は終了。次は、PowerApps!!!

4.Power Apps ポータルへGo!! ( https://make.powerapps.com/ )

5.「挿入」ー「グラフ」ー「Power BIタイル」をクリック

6.以下3つの項目を設定すれば、完了!
  ・ワークスペース
  ・ダッシュボード
  ・タイル


7.さぁ、Power Appsで Power BIを覗いてみましょう!

いかがでしたでしょうか!? 素敵なデータ可視化アプリがPower Appsアプリで簡単に作成できましたね。

ちゃんとクロスフィルター(複数の視覚化が関連して動く)も聞いてて、Power BI サービス相当の機能がPower Apps上で再現できましたね!

こんな手軽にサービス間の連携ができるなんて、さすがPower Platform!!

今後もますます便利になることに期待ッ!楽しみです!!

ぜひぜひ、みなさんも試してみてくださいませ~(/・ω・)/

以上、「Power Apps で Power BI のレポートを表示・操作する方法」ブログでしたー!!