ロボアドでMAKE MONEYする話

この記事はFIXER Advent Calendar 2021(https://adventar.org/calendars/6838)11日目の記事です。

こんにちは、あおいです。

大学時代に金融工学や資産運用等の研究をしていたこともあって、趣味は米株取引・オプション取引(通称:MAKE MONEY)ですが、ロボアドバイザーも興味本位で最近始めてみました。

「ロボアドバイザーって何?」と疑問に思われた方に説明すると、AIアルゴリズムや機械学習を用いて、利用者のリスク許容度(年齢・性格・資産・家族構成等)を考慮した金融商品を提案から購入・運用まで自動で行ってくれるサービスです。
有名なロボアドサービスを挙げると、「 WealthNavi 」「 folio 」「 THEO 」 あたりです。

個人的に、投資一任型はあまり好きではありませんが、AIの運用力が気になったので試しに数十万円突っ込んでみました。

運用期間は1年程。期待リターンはプラス5%ぐらいです。
正直、よほどおバカさんなAIでない限り手堅いポートフォリオ組むだろうなぁ~と予想していますが、意味分からんリバランスとかもしそうで怖い。

結論、AIは未知数。それがAIの面白さ。

色々言いましたが、ロボアドは投資経験や金融知識なしで簡単に始められるので、投資初心者の方には良いサービスだと思います!
小額から始めてみるのもアリかもしれないですね!


せっかくなので最後に各アセットへの考えでも述べて終わります。語ると長文になるので割愛します。

【現預金】
最低限の生活防衛資金あればおけ。


【個別株】
米株の成長銘柄しか勝たん。相場の波は人間の呼吸なので、気にせず機械的に買付けするのみ。利確と損切のルールを明確に。ナンピンは慎重かつ段階的にする。


【債券】
100から自分の年齢引いた数値が一般的なリスク許容度の割合。若いうちはポートフォリオに組み込まずに株100%の気持ちで。仕組債したい、でもしない。


【投信・ETF】
インデックスが投資の最適解であり、初心者は脳死で指数を買って放置。ただ、つまらん。バランス系・債券系は除外して攻めたファンドにぶちこむのみ。


【FX】
天井と底は神のみぞ知るゼロサムゲーム。もっと言うと弱者が強者に食われるゲーム。だいたいの人間は食われる側。でも、おもしろい。


【先物・オプション】
ムズイ。でも、おもしろい。


【仮想通貨】
→ボラ激しすぎて好き。ボラ激しい商品こそ毎日投資。ラストデイいつ来るのかなぁ~。

以上です。

みなさんもMAKE MONEYしましょう。

ただ、プロスペクト理論の罠には気を付けてMAKE MONEYしましょう。

MAKE MONEYでBIG MONEYを手に入れましょう。