フロントエンドのフレームワークならvue.js

新卒の桐本岳です。学生時代に学んだvue.jsについて話していきたい思います。
今回は、まだvue.jsを知らない方にvue.jsとは何なのか?というのを簡単に理解してもらえたらなと思います。
なぜ、Reactではなくvue.jsなのかというと詳しく自分の言葉で説明することはできません。両方、触ってみてすっと頭の中に入ってきたのがvue.jsでした。
プログラミング経験の少ない初心者の自分でも、少しは理解できたのでvueってなに?って人はぜひ触ってみてください。

vue.jsとは?
vue.jsとは、JavaScriptのフレームワークです。自分は、webのアプリを作る時に使用しました。主にフロントエンドの開発で使われています。
*JavaScriptとは、webサイトに動きをつけることを目的として開発されたプログラミング言語
*フレームワークとは、一般的な機能や定型コードなどの型のようなもの
*フロントエンドとは、ユーザーと直接データのやり取りを行う要素

vue.jsの特徴
①拡張性がある
アプリの機能の修正や追加が行いやすいです。
シンプルに設計されているため、ほかのライブラリとの組み合わせが簡単です。
*ライブラリとは、簡単に言うと便利な部品を集めて一つのファイルにまとめたもの

②自分好みに、自由度が高い
vue.jsはアプリの機能ごとに開発が進められるので、比較的自由に開発できます。

③取得の難易度が比較的低い
フレームワークは独自の書き方やルールがありますが、vue.jsはHTMLなどの書き方にも似ているため覚えやすいです。

vue.jsでできること
できることは大きく4つです。
①リアクティブ
ユーザーの入力に即座に反応する
②コンポーネント
プログラムを部品のように扱う
③トランジション
Webブラウザの負担を抑える
④拡張性
プラグインを利用できる
*プラグインとは機能を拡張することを指す

vue.jsの好きなところ
シンプルさ
vue.jsは作業を分けて開発を進められます。
例えば、メインの画面、データの部分、ボタンの実装など作業を細かく分割して進められます。
そのため、今は何の作業をしているのかがすごくわかりやすいです。また、一つ一つ実装ができたらメインのファイルにに入れていけば良いというところが単純で好きです。

どのように学習したのか
ドットインストールやYouTube
https://dotinstall.com

基本的にはドットインストールという動画学習サイトで勉強しました。
動画での学習ですので、本を読むのが苦手な方でも比較的わかりやすいと思います。
一通り学習が終わると、なにか作りながらその都度わからない所を、調べていくのが良いと思います。

まとめ
今回は、まだvue.jsを知らない方にvue.jsとは何なのか?というのを簡単に紹介しました。
もし興味が湧いた方は、少しでも触ってみてください。

FIXER Inc. 桐本 岳
  • FIXER Inc. 桐本 岳
  • (きりもと がく)
    お酒、サウナ、麻雀が大好きです。