Power Apps で使うデータソースの列の書式って、アプリ化した時にどうなるの?Dataverse-デフォルト編

Power Appsラヴァーズのみなさん、ご無沙汰しております!
最近ブログをさぼってましたので、アウトプット活動を再開いたします、どうも荒井です! 

Power Appsのアプリで数字を扱う際、Text関数でカンマ区切りを入れて、アプリ側で表示形式を超簡単にコントロールできちゃうゆえ、データソース側の列データをあまり意識せずにアプリ作っちゃっている、そこのあなた!!

 

僕と同じです。(´;ω;`)

 

万能なText関数様に甘えすぎないように、自分が使っているデータソースの各列がどうなっていて、アプリに繋いだらどうなるから、アプリ側でやらなきゃいけないことはこれだ!と
現状把握しながらアプリ開発を一緒に邁進いたしましょう。
さすれば、きっとPowerAppsマスターの道が開けます(はず、そのはず)

 

さて、本題になりますが、今回は以下の材料でビフォー、アフターを見てまいります!れっつとらい(/・ω・)/

 

ビフォー(データソース:Dataverse)
画面下部をご覧くださいませ。3タイプの数値列を定義&データ登録してみました。

それでは、早速アフターをみていきましょう!

何もせず、ありのままで、データソースを指定した場合

アフター(Power AppsアプリでデータテーブルコントロールのデータソースをDataverseに指定したケース )

ほほぉ。。。なるほどね!

データソースのデータの種類が通貨型だとPower AppsのText関数を自動埋め込みしてくれるようです。
これはありがたい!で、で、でも馴染みの深い3桁カンマがほしいところッ!

そして、小数も整数も3桁カンマ化したいッ!

 

Text関数さまぁ! Text関数さま!! 出番ですよーーー!!!

 

Text関数様、ご来臨(アフター2)

ドーーーーン!!

データソース To アプリが繋がったときの動作が理解できたので、次回からは腹落ちした状態でText関数を駆使できるようになりましね。これでPowerAppsマスターに一歩近づけました。

いやぁそれにしてもText関数って便利便利。

というわけで

以上、「Power Apps で使うデータソースの列の書式って、アプリ化した時にどうなるの?Dataverse-デフォルト編」でした!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。