Azure Cognitive Services for LanguageとAzure Cognitive Searchをプライベートに接続してみやう
2023-01-05
azblob://2023/01/05/eyecatch/2023-01-05-private-connection-between-cognitive-services-for-language-and-cognitive-search-000.jpg

誰もがすなるぶろぐといふものを、私もしてみむとてするなり。


はじめに

こんにちは。(おそらく)1年ぶりにブログを書きます。酒井です。

最近縁あってAzure Cognitive Services for Language(以下、Language)とAzure Cognitive Search(以下、Search)を触っております。

聡明な読者の皆様なら既にお気づきかと思います。そうです、QnA Maker(以下、QnA)の後継サービス(どちらかというと機能?)です。

残念ながら、QnAは2025/03/31を持って廃止されてしまいます。悲しいですね。ですが、同じような機能がLanguageのカスタム質問応答機能として提供されます。やったね。

こやつらは、デフォルトでパブリックアクセスが有効になっており、すべてのネットワークからアクセスできてしまいます。APIアクセスにはキーが必要なのですが、あんまりいい気はしないですよね?

はい、ではこちらを見てください。では。

と言いたいところですが、ほんのちょっっっっっとだけ分かりづらく、詰まってしまいがちな部分なので備忘録として残しておきます。


前提

予めLanguageのリソースを作成して、カスタム質問応答機能を有効にしておいてください。(カスタム質問応答を有効にするタイミングでSearchのリソースも一緒に作ることができます。)

このようになっていたらOKです。

(ここから先は動作確認用です。)

また、Language Studioで適当なナレッジベースを作成してデプロイしておいてください。

方法はこちらの記事が大変参考になると思います。

【第二回】Azure Cognitive Services for Language で簡単テキスト分析!~質問応答を使ってみる編~

それでも難しい場合は、千尋の谷に落とされたと思って這い上がってみましょう。


手順

0. 試しにAPIを叩いてみる

まずは、ちゃんとAPIが叩けるか確認してみましょう。

LanguageはQuestion Answering - Get Answersを。

Searchはインデックスの一覧表示 (Azure Cognitive Search REST API)を叩いてみましょう。

Languageはこのようなレスポンスが返ってきます。

Searchはこのようなレスポンスが返ってきます。

ちなみに、APIキーをヘッダーに入れ忘れると、このようになります。

Language

Search

確認できましたね。APIキーはAzure Portalで確認できるので、探してみてください。

それでは、設定していきましょう。

1. LanguageリソースにSearchリソースの「共同作成者」のロールを割り振る

まず、Languageに紐づいたSearchリソースのアクセス制御(IAM)を開きます。

[+ 追加] > ロールの割り当ての追加と進みます。

あとは流れで割り当ててください。

このようになっていたらOKです。次いきましょ。

2. Searchリソースのパブリックアクセスを無効化する

お次はそのままネットワークを開きます。

無効をクリックするとこのようなダイアログが出てくるのでOKを押してください。

ちゃんとしばらく時間がかかるので、しばらく待ちます。

(公式ドキュメントによると最大30分かかることがあるとかなんとか)

完了したらこのようになります。

これでSearchのパブリックアクセスが無効化できました。次いきましょ。

3. Languageリソースにアクセス制限を入れる

いよいよ大詰めです。1つ前の手順とは打って変わって、今度はLanguageのリソースを開きます。

ネットワークを開き、選択したネットワークとプライベートエンドポイントを選びます。

するとこのようになるので、お好きな仮想ネットワークを選ぶなりなんなりしてください。

Saveを押したらぼちぼち待ちます。

ちゃんと更新されたらOKです。

そうすると、あらびっくり。Searchリソースにプライベートエンドポイントが生えているではありませんか。良かったですね。

4. 制限がかかっていることを確認する

最後に動作確認してみましょう。一番最初と同じようにAPIを叩いてみます。

Languageは同じように叩けますね。

しかし、Searchはタイムアウトするようになりました。ちゃんと制限がかかってますね。すばらしい。

ちなみに、Languageを別のIPから叩くと、ちゃんとブロックしてくれます。すばらしい。

これでLanguageとSearchがプライベートに接続され、SearchはLanguageからのみアクセスできるようになりました。また、Languageも特定のIPからのみアクセスできるようになりました。

実際にアプリにLanguageを組み込む場合は、特定の仮想ネットワークからのアクセスを許可して使うことになると思います。

えーそれでは良い感じになったので、あとはよしなにやってください。では。


参考リンク

  1. QnA Maker とは
  2. ネットワーク分離とプライベート エンドポイント
  3. 【第二回】Azure Cognitive Services for Language で簡単テキスト分析!~質問応答を使ってみる編~
  4. Question Answering - Get Answers
  5. インデックスの一覧表示 (Azure Cognitive Search REST API)
azblob://2024/03/29/eyecatch/2024-03-29-openai-json-mode-000_0.jpg
2024/03/29
AI/Machine Learning