RabbitMQ

MassTransit.RabbitMq 消えるデフォルト値の怪の巻 Azure

MassTransit.RabbitMq 消えるデフォルト値の怪の巻

マイクロサービスアーキテクチャが流行りだしてからサービス間通信の方式として再注目され始めたメッセージキュー、そしてそのミドルウェアとなるのがRabbitMqですが、これまでもその使い方についていくつかの記事を作成してきました。
今回は、自分がそれを触っていて若干混乱した挙動について紹介したいと思います。
RabbitMQのManagementプラグインでメッセージを読み出してみた App

RabbitMQのManagementプラグインでメッセージを読み出してみた

はじめに 以前、RabbitMQを通してメッセージを手動で送信する方法を解説しました。 RabbitMQのManagementプラグインには手動でメッセージを作成して送信する機能があるので、これを利用すれば普段は何かしら別のコンポーネントからメッセージをPublishしなければ動作を試せないという問…
RabbitMQのManagementプラグインからメッセージを流してみた App

RabbitMQのManagementプラグインからメッセージを流してみた

はじめに RabbitMQを使ってバックエンド間通信を実現している時にコンシューマ側の動作を試そうと思ったら、普通メッセージをパブリッシュする側のコンポーネントが必要になってしまいます。 どうにかコンシューマ側のコンポーネントだけ試せないか?というシーンにおいて、RabbitMQのManagemen…