Creative Solution

QRコード決済の前にコンタクトレス決済が普及して欲しいと強く思う3つの理由

QRコード決済の前にコンタクトレス決済が普及して欲しいと強く思う3つの理由 2019-06-19Leave a comment

皆さん、こんにちは!FIXERキャッシュレス推進委員会(非公認)の藤谷です。
今回はキャッシュレスネタです。

コンタクトレス決済をご存じでしょうか?
今流行りだしているQRコード決済。そんな中、こっそりと出てきたコンタクトレス決済。


まだまだ認知度は低く、日本では対応店舗もほとんどない、仮に対応店舗だったとしても店員が知らないことが多いのが現状ですが、 海外では逆にコンタクトレス決済が当たり前の国も多いです。

今回は、 そういった海外の現状を見て、個人的にコンタクトレス決済が普及して欲しいと思う理由をお伝えいたします!

コンタクトレス決済とは?

まず、コンタクトレス決済の概要について説明します。
コンタクトレス決済はクレジットカード決済の一種で、以下の特徴を持ちます。

・NFCの技術を使っている
・非接触で利用できる。タッチするだけで決済できる
→通常のクレジットカード決済だとカードリーダーに挿入する必要があります
・店員には「コンタクトレス決済で」と言う必要がない。通常通り「カードで」って言うだけでOK

コンタクトレス決済の種類

とても便利なんですが、日本では一般的ではなく、VISAが拡大していますが基本的にはローソン、マクドナルドのみの対応です…。

ブランド名称対応店舗
VISAタッチ決済ローソン
マクドナルド
TSUTAYA
IKEA
コクミンドラッグ
メガネストアー
Airport Limousine
成田空港(一部)
関西国際空港(一部)
二重橋スクエア(一部)

など
MastercardContactlessイクスピアリ 、マクドナルド、ローソン
JCBContactless マクドナルド、ローソン
American ExpressContactlessマクドナルド、ローソン

コンタクトレス決済が普及して欲しいと思う3つの理由

非接触で利用できるというだけで通常のクレジットカード決済に比べて、なんとなくコンタクトレス決済が便利そう?というのは伝わったと思います。

では、具体的にどのような場合に便利になるのか、見ていきましょう。

1.電子マネー並みの決済スピード

通常のクレジットカード決済だとカードリーダーに通すとセンター問い合わせを経て数秒後に決済完了になりますが、コンタクトレス決済はピッって当てるだけで決済完了。店員に手渡す必要がなく、iDやEdyのような感覚。

下手したら電子マネーより早い決済スピードです。もちろん基本的にはサインレス。

最近流行りのQRコード決済はとてもオトクで便利ですが、いちいちスマホを起動してロックを解除してアプリを立ち上げて…というプロセスを経なければ使えず、レジでそれをやるのって少々面倒。

一度コンタクトレス決済のスピードを体験すると、戻れなくなるはずです。

しかも、通常通り「カードで」って言えばOK!

2.世界標準規格なので海外で大活躍

「コンタクトレス決済」が世界標準規格というのは大きなメリット。どこの国に行っても使えます。

海外では想像以上に「コンタクトレス」が普及しています。5月にシンガポールへ行った際、店員にクレジットカードを手渡したところ、「ピッてやってくれ」と拒否されました。

周りを見るとみんなやってました。そのぐらい当たり前のようです。

3.世界の地下鉄が便利になる

アメリカの地下鉄でこのコンタクトレス決済を利用したニュースを見つけました。VISAやMastercardなどは世界共通の国際ブランドです。

日本はPASMOやSUICAなどたくさんのローカルな交通系電子マネーがあります。シンガポールならez-linkカードだったり…

初めて行く海外で、その国独自の電子マネーを使うって結構大変です。実際、シンガポールに行ったときにez-linkカードの買い方がわからず現金を使いました・・・。それがなくなって、いつも使っているクレジットカードで地下鉄に乗れるようになったら外国の方も気軽に旅行ができます。

地下鉄だけじゃなく、アイデア次第では世界のあらゆる決済手段をコンタクトレスにして統一できそうです。

コンタクトレス決済の注意点

良いところをたくさん上げてきましたが、仮に落としてしまった!という場合に、簡単に不正利用される可能性が高まります。

ですが、海外で流行っている接触型のスキミングは回避できると思うので一長一短ですね。

まとめ

以上、コンタクトレス決済の概要、日本と世界の現状、その利便性について説明しました。電子マネーやQRコード決済との大きな違いは世界標準規格であること。大きな可能性を秘めています。

電子マネーも、QRコード決済の○○ペイも、種類が多すぎだと思うんです。逆に混乱を招いている。だからこそクレジットカードの国際ブランドを電子マネーみたいな感覚で使えば、世界に通じる決済サービスが提供できるのではないか、と思いました。

私は普段、アメックスのコンタクトレスを使っています。

今日、マクドナルドで店員さんがコンタクトレス決済を知らずに、リーダーに挿してください!というのをガン無視してピッで完了させて驚かせたのをきっかけにこの記事を書きました。

まだまだ認知されていないんだなぁと。

日本で使えるのがローソンとマクドナルドぐらいしかないのは寂しすぎます…VISAが使える店なら、全店舗対応!ぐらいの勢いを見せてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。