インターン生と目指せ! テクノロジーを駆使したブログの活発化

皆さん、インターンをしたことはありますか? 私はありません! 割と無差別に色々なもの(家庭教師、飲食店、ベビーシッター、学校、通訳、メディア、お寺、保育園、祭りの屋台、庭作り、etc…)に手を出してきたのですが、よくよく考えるとインターンってありません。あれ?

インターンはっじまっるよー!

そんなマーケティングチームの奥山、ある日人事の先輩から「ブログ編集長、インターンが来るよ!」と声を掛けられました。

聞けば、インターン生が12人ほど来て、プロジェクトとして「テクノロジーを使ってブログを広める施策」を作るというじゃないですか! ほほぅ、こちらからしても願ったり叶ったりですよ。ブログサイトをリニューアルしてから早4か月、もっとうまく当社のブログを社内外に広める手はないだろうかと毎日試行錯誤していますから。

ワクワクしながら待っていれば、ついに先週の月曜日、インターン生がやってきたのです!

編集長という肩書をもって、初日からブログの目的や状況についてプレゼン(プレゼンが苦手すぎていつも内心ガクブル)。ウェルカムランチなどでも話したところで何となく手応えを感じました。これは期待に胸が高鳴ります!

もくもく会は質問タイム

さて、最近マーケティングチームは水曜日に「ブログもくもく会」と称して午前中に大きな部屋を借り切り、軽い飲み物やお菓子をお供に自己学習としてのインプットやブログ執筆としてのアウトプットをする時間を設けているのですが、先週の水曜日は「インターン特別編」としてそこへインターン生たちがやってきてブロガー社員への質問会を行いました。

部屋の前の方にずらりと椅子を並べてのQ&A。回答者にはニッチな内容でPVを伸ばし続ける銀行系アプリケーション担当のエンジニアや、執筆速度が速すぎて多い時には1日3本は記事を上げるMaaS担当社員、明るくわかりやすいイベントレポをするエバンジェリストに、MAツールの検証をしてはこまめに記事にしてくれる営業などなど。

キャラの濃いブロガーたちにガンガン質問して、プロジェクトのソリューションのアイデアをまとめていくインターン生。その後、メンターである今年の新人社員にサポートされながら、ついに開発を!

どんなソリューションができた?

インターン生にとっては怒涛の2週間を経て、今日が待ちに待ったお披露目会でした!

インターン生は3つのグループに分かれてそれぞれのアイデアを基に便利ツールを開発。一体どういう解決方法を生み出したのでしょうか?

まずは1つ目! 「要約・キーワードを自動生成」するツール。

Google Chromeの拡張機能として、ワンクリックで記事の要約やパーマリンク、タグなどを文章を基に生成してくれるツールを開発。当社のブログの面倒くさいポイントである「命名規則にそった画像名の変更」もこのツールで簡単に行うことができます。これはイベントレポが多いエバンジェリストが泣いて喜びそうですね(時々50枚とか画像をあげるので)。

それでは2つ目! 「ランキングを可視化」してくれるツール。

記事投稿数やPV数、人気タグなど様々なランキングをつけてくれるツールです。現在ランキングは週ごとのPVランキングしか出していないので、他のランキングも見えるようになればモチベーションの向上につながりそうですね。ここからカテゴリー別やイベントへの反応スピード、Slackでのスタンプ獲得数などいくらでも拡げられそうです。

最後に3つ目! 「キテるワードを教えてくれる」ツール。

Qiitaなどのテック系ナレッジコミュニティから人気のキーワードを拾い、さらに人気度の成長率などを計算してバズるであろうネタを教えてくれるツールです。ブロガー社員の悩みの種といえば「ネタが尽きました!」というのがあります。よく各所から悲鳴が聞こえてきますが、これがあればきっとそれも嬉しい悲鳴に! しかもランダムにSlackで社員をメンションしてキーワードを投げつけてくれるので、普段ブログを書かない社員にもブログ執筆に興味を持ってもらえるかも?

ありがとうございました!

というわけで、インターン生の皆さん! 2週間の間、一生懸命ブログについて考えてくださり、ありがとうございました!

開発期間4日というかなりの短期間で中々実用性の高いアイデアを具現化できていて驚きましたよ。AzureのLogic Appsなど、自分たちにとって新しいツールを使って(もちろん中にはもう触ったことのある人たちもいたでしょうが)問題解決に挑戦する中で、楽しかったと少しでも思っていただけていたら当社としても幸いです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。