私のインターン体験記とAzureに触れた感想

初めまして

こんにちは。酒井です。九州の田舎から思い切って東京に来ました。

普段は県境のとある高専で学生をやっています。

株式会社FIXERさんで8月19日(月)~8月30日(金)に行われたインターンシップに参加させていただいたので、こちらに体験談を綴っていきます。

インターンで作ったシステムの詳細に関しては、同じチームの他のメンバーに任せます。えもちゃん、シャカさん、タナハくん頼んだ!

インターンに応募した理由は?

まず、こちらのインターンに応募した理由について書きます。

一つ目はチームでの開発が体験できること。二つ目はクラウド技術に触れられることです。

チーム開発の話

チーム開発に関する話をします。

私はチームでの開発経験がほとんどありません。経験といえば、高専プロコンに一度出場したくらいで、それ以外では全くチーム開発をしていません。また、プロコンでの開発も、途轍もなく効率の悪いやり方だったと記憶しています。

これではさすがにまずいと思いました。

クラウドの話

クラウド技術の話もしましょう。

私は友人とのファイルのやり取りによくクラウドストレージを活用しています。インターネットにつながっていれば、どこからでもファイルにアクセスできるのは非常に便利で、使う度にクラウドの利便性を実感しています。

クラウド技術に興味はあったのですが、技術を活用して何かを作る機会がありませんでした。

そんな中、友人の紹介で今回のインターンを知りました。インターンは、なんとクラウド技術を活用してチームで開発を行えるというではありませんか。この機会を逃すわけにはいかないと思い、思い切ってインターンに応募しました。

Azureに触れて…

インターンでは、クラウド技術を開発したシステム開発を行いました。

システムはMicrosoft Azureを使って開発したのですが、これが衝撃でした。 本当にすごい。

特に衝撃だったのがLogic Appsですね。コードを1行も書かず、ブロックを繋げるだけでプログラムが作れます。HTTPリクエストを受け取ってレスポンスを返したり、RSSが更新されたらメールで通知したりなどなど…。高度な処理が簡単に実装できることに強い衝撃を受けました。

Logic Appsではどうしてもできない処理もあるのですが、Function Appと簡単に接続できるので、必要な部分だけFunction Appで別にコードを書くなんて使い方もできます。

インターンで私のチームが開発したシステムも、Logic AppsとFunction Appを存分に活用しています。

ここからはシステムの話になります。

システム開発にあたって外部のAPIを叩く必要が出ました。Logic Appsでは、ブロックに必要なパラメータを指定するだけで簡単にリクエストを飛ばすことができ、返ってきたレスポンスを解析してデータを取り出すのも容易にできました。

私はこれまでにAPIを叩くプログラムを作ったことがなく、難しいものだというイメージがあったのですが、Logic Appsでいとも簡単に叩けたので、心理的な障壁が無くなりました。

また、実装に伴ってAPIに関する知識も得られたので、帰ったらAPIを使って何か作りたいですね。

インターンで実感したこと

今回のインターンで実感したことは、落としどころを決めておくことと、分からない事を人に聞くことは大事ということですね。

落としどころは決めておこう

1日に大体6時間活動する時間があるのですが、朝夕の進捗報告、日報作成の時間を考慮すると、実際に開発に使える時間は、1日のうち5時間程度になります。さらに、2週間のうち開発をできる日数は4日間程度ですから、非常にシビアな期間で開発をしなければなりません。

短い期間の開発では、どうしても実装できない機能であったり、修正しきれないバグがでてきます。その中で、最低限この機能は実装する、この機能は実装しない、など落としどころを決めておかないと実装できるはずの機能も実装できなくなってしまいます。システムが完成しなかったなんて自体も起きかねません。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

また、開発にあたってどうしても自分一人では分からないことが出てきます。短い期間の中で、一つの問題に悩み続けていたら、他の機能を開発する時間が無くなったなんてことが起きます。

人に聞いてみたら、意外とあっさり問題が解決したなんて経験ありませんか?

私は今回のインターンでいっぱいありました。今回のインターンではチームごとに2人メンターの方が付いてくれました。新卒1年目の方が付いてくれるのですが、皆さんとても技術力のある方で、私が質問することに対して的確に答えを返してくれました。

クラウド技術を活用したシステム開発は初めての経験で、上手くいかない部分も多々ありました。そんなときにはメンターの方によく質問しました。質問しなかったらシステムは完成していなかったと言っても過言ではありません。

おわりに

今回実感したことは、普段の学生生活や社会人になってからも非常に役に立つことだと思います。インターンを通して、このことに気づけたのは大きな財産です。なかなかこういったことに気付ける機会はないので、インターンは非常に貴重な経験となりました。

また、インターンの参加者のほとんどが高専生だったので、他の高専の高専生との繋がりもできました。イベント等に参加しないとなかなか繋がりはできません。そういった点においても、今回のインターンは貴重な経験でした。

FIXERさん、2週間ありがとうございました!

FIXER Inc. インターン 酒井 凌大
  • FIXER Inc. インターン 酒井 凌大
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。