Azure API Managementサービスのアップデート

はじめに

この記事は2019/10/8に発表されたAzure API Management update—October 2019の翻訳記事です。

Azure API ManagementサービスとはAPIゲートウェイと開発者ポータルを数分で作成することができるAPI管理サービスです。
このサービスによって、マイクロサービスアーキテクチャをAPIとして公開、発行、管理することができます。

2019/10/3にAzure API Managementサービスのアップデートが始まりました。
このアップデートがすべてのAzure API Managementサービスのインスタンスに展開されるまでには1週間以上かかりますので、ご注意ください。
それでは以下に追加された新機能、バグ修正、変更などを具体的に紹介していきます。

新機能

Authentication-managed-identityclientId フィールドをサポート

clientId フィールドを用いることで認証するIDを選択することができます。
この機能を利用するためにはAPI Managementサービスに最初に管理されたIDを割り当てる必要があります。
また、Azureポータルとツールのドキュメントは近日中に提供される予定です。

修正

  1. Context.LastError.Sourceretryポリシーにネストされたポリシー内で発生した障害について適切に設定されるようになりました。
  2. Byte-Order-Mark (BOM)文字に関するエラーなしで、JavaやPythonといったSDKクライアントはJSONペイロードを正しくデシリアライズできるようになりました。この問題はGitHubで詳細に記述されています。
  3. リクエストペイロードの送信中にバックエンド接続が失敗した場合、forward-requestポリシーのBuffer-request-bodyオプションは期待通りに機能するようになりました。

変更

API Managementサービスの作成メールは新しい返信不可のメールアドレスから送信されるようになりました。

おわりに

今回は2019/10/8に発表されたAzure API Management update—October 2019を翻訳・追記させていただきました。
それぞれのリリース状況や変更ログはこちらのGitHubから確認することができます。
この記事はこちらのQiitaにも掲載されています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。