10/15~10/16に怒涛のアップデート&GA! Azure Monitor

はじめに

10/15~10/16にかけて怒涛のアップデート&GAがあったAzure Monitorについての関連記事の要約記事です。
この記事では一連の発表のハイライト、Azure Monitorの基礎知識、今回の発表の詳細の順で紹介していきます。

今回の発表のハイライト

  • Azure Monitor for VMs
    • 11月中旬アップデート
      • Azure Monitor for VMsのパフォーマンスデータがInsightsMetricsテーブルに保存されるようになります。
      • ServiceMapComputer_CL と ServiceMapProcess_CLのカスタムログテーブルに保存されているデータはLog Analyticsの専用データタイプに移動します。
    • 正常性機能のプレビュー版が限定公開
  • コンテナ用のAzure Monitor全体のアップデート
    • ポッドアノテーション設定をサポートするようにエージェントを更新されました。
    • Grafana ダッシュボードが利用可能になりました。
  • Azure Monitor Application Insightsでデータ保持期間を変更する機能がGA

Azure Monitorとは?

Azure Monitorとはクラウドおよびオンプレミス環境の利用統計情報を収集・分析し、アプリケーションがどのように実行されているかを可視化します。
詳細はこちらのドキュメントをご覧ください。

今回の発表の詳細

Azure Monitor for virtual machines(Azure Monitor for VMs) プレビュー版からGAへの変更点

Azure Monitor for VMsの年末のGAの発表に先立ち、それによって起こる変更点の詳細について、Updates to Azure Monitor for virtual machines (preview) before general availability releaseでは述べられていました。

  • Azure Monitor for VMsの11月中旬アップデート
    • Azure Monitor for VMsのパフォーマンスデータがInsightsMetricsテーブルに保存されるようになります。これにより、今まで保存できていなかった様々なデータを保存できるようになります。また、パフォーマンスビューも更新されます。
    • ServiceMapComputer_CL と ServiceMapProcess_CLのカスタムログテーブルに保存されているデータはLog Analyticsの専用データタイプに移動します。そして、名前がVMComputer と VMProcessに変更されます。この更新により、データの更新速度の向上やテーブルスキーマの標準化を行うことができるようになります。
  • 正常性機能のプレビュー版が限定公開
    • VMの正常性機能に多くのフィードバックを頂いたため、監視ワークフローをサポートする可能性などが出てきています。これに関する更新などを限定公開する予定です。

コンテナ用のAzure Monitor全体のアップデート

  • ポッドアノテーション設定をサポートするようにエージェントを更新されました。詳細はこちらのリリースノートドキュメントを参照してください。
  • Grafana ダッシュボードが利用可能になりました。詳細はこちらです。

Azure Monitor Application Insightsでデータ保持期間を変更する機能がGA

  • Azure Monitor Application Insightsでデータ保持期間を変更することができるようになりました。
  • デフォルトの保持期間は90日ですが、30日、60日、90日、120日、180日、270日、365日、550日、730日に変更することができます。
  • 変更するには[Usage and Estimated Costs]ページから[Data Retention]オプションを選択します。

(画像はこちらから引用しました)

  • 価格などはこちらを参照してください。

Azure US Governmentリージョンでのアップデート

コンテナ用のAzure MonitorがAzure US Governmentリージョンで利用可能になりました。

Chinaリージョン

  • Azure Kubernetes Services (AKS) がサポートされるようになりました。これにより、マルチクラスタビューが使用できるようになったため、複数のクラスタを一度に監視することができます。
  • AKS-Engineもサポートされるようになりました。
  • 詳細はこのドキュメントを参照してください。

おわりに

10/15~10/16にかけて怒涛のアップデート&GAがあったAzure Monitorについての関連記事の要約をしました。
ますます便利になっていくAzure Monitor、今後も注目ですね。
この記事はこちらのQiitaにも紹介されています。

参考記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。