VS Codeで簡単にGolang勉強環境をDockerに構築してみた。

◆初めに

Visual Studio Code Remote – Containers という拡張機能を使って、前から気になってたGo言語の勉強用環境を構築しました。

◆やってみる

使うものをダウンロードしていきましょう。

VS Codeでフォルダーを開いて、F1Ctrl + Shift + P でコマンドパレットを開きましょう。 Remote Containers: Add Development Container Configuration Files... という項目を検索。

欲しい環境を聞かれるので Go を選びましょう。

ファイルが追加されて画像のような表示が出てきます。

Reopen in Container を選ぶとdocker のビルドが走ります。 コーヒーでも飲んで待ちましょう。これは初回だけなので毎回この量の待ち時間は発生しないです。

Goの入ったコンテナーでフォルダが開かれます。Goがあるのか確認してみると…ありました!

すかさず Hello World 書いちゃいます。

package main

import "fmt"

func main() {
  fmt.Printf("hello, world\n")
}

実行! ビルドして実行もしちゃう… …できてる!

もちろんブレークポイントも止まりますよ。

再開するときは、このフォルダを開いて、Reopen in Container の表示が出てくるので、押すと前回の環境で再開できます。

◆まとめ

いかがだったでしょうか?VS Codeで簡単に構築できました。
コンテナ便利。この一言に尽きます。
器用にできるVS Codeは、とりあえず入れておいても損はないですし、入れたら使ってみてください。
あと、Go言語のいい教材ありましたら教えていただきたいです。
それでは、またお会いしましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。