.NET Core 3.1 Preview 1が発表

.NET Core 3.1 Preview 1

2019年10月15日に、.NET Core 3.1のPreview1が発表されました。

今回は主にBlazorと.NET Core 3.0で追加された大きな機能であるWindows desktopの改善を中心とした小さなアップデートのようです。

また、.NET Core 3.1のLTS版が2019年の12月に予定されています。

アップデート内容

  • Razorのコンポーネントがpartial classをサポート
    Razorコンポーネントがpartial classとして生成されるようになったので、ロジックの部分をrazorファイルの中から分離できるようになりました。
  • Blazor Server appsにおいて、initial render中にパラメータをトップレベルのコンポーネントに渡せるようになった
    これまではトップレベルのコンポーネントへ値を渡すことはRenderMode.Staticでしか行えませんでしたが、このリリースでRenderMode.ServerとRenderModel.ServerPrerenderedでも値を渡せるようになりました。
  • HttpSysServerでShared queuesがサポートされるようになった
    HttpSysServerにこれまでの匿名のリクエストキューを作成する振舞いに加え、既に存在するHTTP.sysのリクエストキューを接続したり作成したりできるようになりました。
  • SameSite cookieに重大な変更があった
    この話の詳しい内容はこちらで解説されています。
    もともとSameSiteはHttpのクッキーに新しいパラメータを加えることでCSRFを軽減する振舞いをするものでした。
    現在、GoogleはこれについてSameSite=Noneという新しい標準を作成していますが、これには後方互換性がありません。
    なので、新しい標準に合わせるために、SameSite=Noneを出力するSameSiteMode.Noneを追加しました。
  • 参考元ブログポストASP.NET Core updates in .NET Core 3.1 Preview 1

おわりに

9月にGAされ、大幅なパフォーマンス改善や新機能の追加で注目を浴びている.NET Core 3.0ですが、現在も着々と次のバージョンのGAに向けてアップデートが進んでいます。

.NET Core 3.0のGAを記念したイベントが開かれるなどコミュニティ活動も活発で、界隈ではいつも何かしら新しい発見で満ちているように感じます。

私の業務でも使用することの多い.NET Coreのアップデートをこれからも追いかけていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。