Nuxt.jsでhover/activeのレスポンシブ対応

一般的にWebアプリではクリックできることを示すために要素に :hoberを付けます。 モバイル版のアプリではマウスがないため、長押しをした際に :hoverのような変化を付けるとタップ(クリック)できることが伝わるかと思います。これはTwitterなど多くのアプリに見られる実装です。

この動作を実装したのでおこなったことをまとめます。

hover/activeの仕様

初めに、何も考えず :hover:activeで実装してみます。

PCの :hover

Mobileの :hover

そのまま書くだけではMobileで長押し後、別の場所をタップするまで :hoverで設定したCSSが続いてしまいます。 これは想定している動作ではありません。

PCの :active

mobileの :active

Mobileはいいのですが、PCではクリックしないと適用されませんでした。

なので、

  • PCでは :hover
  • mobileでは :active

とする必要があります。

デバイスを判別する

nuxt-user-agentというパッケージでユーザーのデバイスを判別し、対応するCSSを適用することにします。

github: https://github.com/fukuiretu/nuxt-user-agent

nuxt-user-agentをgithubのREADMEに従ってNuxtにインストールし、PCとmobileの判別をしていきます。

先ほどの例に導入したものがこちら

<template>
  <div class="card-container">
    <div
      class="card"
      :class="{
        'card-pc': $ua.deviceType() === 'pc',
        'card-mob': $ua.deviceType() !== 'pc'
      }"
    >
      Sample
    </div>
  </div>
</template>

<style lang="scss" scoped>
.card-container {
  display: flex;
  justify-content: center;
}

.card {
  width: 80%;
  height: 200px;
  background: white;
  border: 1px solid black;
  border-radius: 10px;
  display: flex;
  justify-content: center;
  align-items: center;
  font-size: 20px;
  &-pc{
    &:hover {
      background: #78c4db;
    }
  }
  &-mob {
    &:active {
      background: #78c4db;
    }
  }
}
</style>
```

これで

  • PCでは :hover
  • mobileでは :active

を実装することができました。

以下のように画面サイズで判別することも可能ではあります。

@media screen and (min-width: PhoneSize) { 
  &:hover {
    background: #78c4db;
  }
}

ただしiPad Pro等の大型タブレットまで考慮すると難しくなってしまうので、今回はデバイスを取得する実装になりました。

FIXER Inc. ゆき
  • FIXER Inc. ゆき
  • 2019年新卒エンジニア。チームのフロントエンド担当大臣として日々Nuxt.js(Vue.js)と格闘している。最近はUI/UXデザインに興味があり、デザインから実装までできるエンジニアを目指している。趣味はバーチャルな美少女を追うことと成ること。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。