PowerAppsのMixed Reality(MR)アプリを作ってみた!

こんにちは。PowerPlatformを猛勉強中のBigface荒井です。

de:code2020のPowerPlatformセッションに参加し、MRアプリデモで触発された私は「ぜひMRアプリを触りたい!」と思い、実際にやってみることにしました!!

超簡単にMRアプリ作れました!しかも、MRアプリの測定体験、めっちゃ楽しいですよー!
ぜひみなさんも作ってみてくださいね!!

 

 

MRの測定体験に向けた、やることリスト
1)PowerAppsにログインし、空のアプリ作成
2)PowerAppsアプリの設定でMR機能をオンにする
3)PowerAppsアプリにMRのコンポーネントを挿入する
4)特に何も実装せず、アプリを保存し公開
5)PowerAppsのモバイルアプリからMRアプリを起動
6)MRアプリで次世代の測定を楽しむ!

 

 

えっ、これだけ?!そうなんです!これだけなの!!
最低限動かすにも多少コーディングが必要かなと思ったら、最低限ならノーコーディングで出来ました。

では、早速!

 

1)PowerAppsにログインし、空のアプリ作成

「作成」-「キャンバスアプリを一から作成」を選択する

 

任意のアプリ名を指定し、「作成」を選択する

 

2)PowerAppsアプリの設定でMR機能をオンにする

設定変更するために「ファイル」を選択する

 

「設定」-「詳細設定」-「Mixed Reality機能」をONにする

 

3)PowerAppsアプリのコンポーネントにMRのコンポーネントを挿入する

「Mixed Reality」-「MRで測定(プレビュー)」を選択する

「Measure in MR」というコンポーネントが挿入されたことを確認する。その後「ファイル」を選択する

 

4)特に何も実装せず、アプリを保存し公開

「名前を付けて保存」-アプリ名「任意の名前」-「保存」を選択する

保存が完了したことを確認する。

 

5)PowerAppsのモバイルアプリからMRメジャーアプリを起動

お手持ちのスマフォ等で「PowerAppsモバイルアプリ」を起動し、「MRメジャーアプリ」を選択する

初回起動時のみカメラへの接続許可が求められえるので「許可」をする

「Measure in MR」を選択し、いざMRの世界へ!

 

6)MRアプリで次世代の測定を楽しむ!

「+」を選択すると計測開始、縦、横、高さの順番で「+」をポチポチしたら、、、

はい、出来ました!めっちゃ楽しいーーー!!なにこれ凄い!!

 

こんな楽しいMRアプリが簡単に作れるなんて、、、恐るべしPower Apps!!

本日はMRの測定体験だけですが、次回はMRアプリで測定した結果を使いシステムのデータ連携にチャレンジしてみようと思います!

以上、PowerAppsのMixed Reality(MR)アプリを作ってみた!ブログでしたー!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

FIXER Inc. 荒井 隆徳
  • FIXER Inc. 荒井 隆徳
  • (あらい たかのり)
    Senior Solutions Specialist / Azure Training instructor
     
    昨日の自分よりも今日の自分、そして今日の自分よりも明日の自分が成長しているように日々FIXERでチャレンジさせていただいてます!日々前進!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。