採用担当がAzureをゼロから学んでAZ900合格!までの1か月奮闘記

こんにちは。HR Divisionの渡辺です。夏本番まであと少しですね!コロナの影響による自粛も少しずつ緩和され、日常生活が戻ってきたことに改めて幸せを感じ、早く生ビールを飲みたい!!と思う毎日を過ごしてます。

さて、私は普段ITエンジニアを志す方とお話をする機会が多いのですが、実は学生時代は機械力学を学び、約10年間機械エンジニアとしてモノづくりに関わった後に採用担当にキャリアチェンジしているので、プログラミング経験は全くありませんでした。そんな私がFIXERに転職して早2年!現在では新卒研修でクラウド基礎講座も担当しています。

今回は、そんな私がクラウドに関する基礎知識を習得するために行ったことの一つとして、今年の春にMicrosoft認定資格の一つであるAZ900取得できたので、ゼロからスタートして取得するまでの1か月奮闘記をお伝えします。

はじめに

AZ900とは、Microsoftが運営するパブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」に関する初級レベルの認定資格です。

とはいっても、出題範囲は幅広く、クラウドの基礎やAzureの特徴、セキュリティなど全4テーマの中から44問出題されるので、クラウドを学ぶ1歩としてはとてもよい資格ですよね!

ノンテクだった私が最初に学ぶにはとてもよいものでした!!

ファーストアクション

最初に行ったことは、試験日を決める!(明確なゴールを設定)

Microsoft認定試験はテストセンターが全国にあるので、MSサイト上からスケジュールの空き状況を見ながら予約できとても便利ですね!私も最寄駅にテストセンターがあったので、そこで予約しました!!

ちなみに試験日はやると決めた日からちょうど1か月後で設定

セカンドアクション

いよいよ勉強開始!FIXERではメインビジネスであるcloud.config(クラウド支援・設計・運用)に加えて、クラウドAIスクールという教育事業も行っているので、クラウドについて初心者にも分かりやすく教えてくれる講師がいるんです。今年の新卒研修ではクラウドの基礎を習得してもらう講義も実施することとなったので、これはチャンスと思い「講師としてやりたい」と手を挙げ、新卒研修講師デビューに向けて事前インプットを行ってもらい、その後MsLearn【Azure の基礎ラーニング パス】を使って一つ一つ理解しながら習得を図りました。

最初は専門用語が英語の様に聞こえるくらい全く分からなかった私が、少しずつ理解し分かってきていることを実感するたびに楽しくなってきました。

一番印象に残ったこととしては、AzureADの役割や認証認可を得るために設定されるセキュリティシステム等がどう連動しているかを理解できた時はとてもうれしかったですね!

サードアクション

すでにご存じの方も多いと思いますが、Microsoftでは定期的にAZ900取得に向けた基礎講座を開催しています。現在はコロナの影響によりはオンラインでの開催となっていますが、私もこちらの講座を受けました!

講師の方がとても分かりやすく説明してくれるので、少し不明瞭な点も解決することができ、とても有意義な時間でしたね!
(多分1か月前の私が聞いていたら、全く理解できなかったんだろうなーwww)

加えて、バウチャー付なんて、ありがたいですよねー!!

受験当日

受験日は朝から快晴で会場までの足取りもとても軽い!とはいっても、久々の試験だったので、前の日はあまり寝れませんでした。。。

開始15分前に会場へ到着。さすがに試験間際は緊張しますね!荷物をロッカーに閉まったら、早速受付担当の方に呼ばれて写真を一枚パシャリ!!より緊張感が増してきたー(;^ω^)

『お時間になりましたので、お席にお進みください』緊張のピーク!!ペンとホワイトボードのようなものを渡されて着席。このボタンを押したら・・・

試験は、制限時間60分、設問数44問、700点以上で合格

受験の結果

久々の試験で緊張もありましたが、受験中は残り時間が表示されていて意外と落ち着いてできました。一番良かったのは、後で確認したい問題にはチェックが付けれたので、一通り終わってから再度答えを見直すことができた点!     この機能のおかげで安心感があったので、落ち着いてできたのかもですね(^^)/

60分が経過して試験終了。事前には聞いていましたが、その場で点数が表示されました。

結果は876点でした。隣で受験されている方がいたので大きくはリアクションできませんでしたが、小っちゃくガッツポーズ!

受験してみての感想

お恥ずかしい話ですが、受験しようと決めたときは正直クラウドについての知識は今思うと本当にない状態でした。そんな状態から約1か月でよく合格したなーと思います。でもクラウドに関する知識を持っている人が私の周りに沢山いたこと、ノンテクの自分でもAzureを学べるコンテンツが多数あること、が今回の結果につながったと思います。

ITって苦手だなーと思っている人がいたら、是非AZ900の受験をお薦めします!

今後は、AZ103合格に向け頑張っていきます!!また合格した際は奮闘記PART2として投稿しますので、是非そちらもご期待ください。

これで、FIXERの採用担当がAZ900取得までの奮闘記PART1完結です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。