エンジニア経験のある人材営業が人事としてFIXERに入った話

はじめまして、大久保 有基といいます。ちなみに身長189cmです。

好きなこと:子どもと遊ぶこと、お酒

FIXERに4月末に入社して2ヶ月くらい経って、ちょっとずつ業務になれてきたし、tech blogの書き方も教えてもらったしということで入社blogを書こうと思います。夜長や移動の間などにでも読んでいただければ幸いです。

これまで

システムエンジニア → 人材営業

新卒で大手メーカー系システムインテグレーターにエンジニアとして入社。製造系の部署に配属してエンジニアとしてフロントやバックエンド担当して開発エンジニアとして働いてました。SEなのに仕事と全く無関係のところで人材に興味をもち、経験を積むなら早いほうがいい!ってことで早々に人材の会社に転職します。

2社目として選んだのは人材系のベンチャーです。福祉系の職種の方に特化した営業で企業側、人側の両面を担当しました。福祉系の業界も色々調べてみると保育士不足深刻なんだな-ってなって、それ解消できたらいいなー。どうせやるなら社会の役に立ってる方がいいよな-。とか思って入社。

結果、首都圏をメインとした多くの保育園・幼稚園の人材確保の支援と保育士・幼稚園教諭の方の転職支援に携わらさせていただき、普段あまり触れることのない保育業界のことや実際保育士の方ってどんなところで転職を考えたり、どんなところで働きたいと考えているのかとか色々勉強になったし、社員1万人を超える規模の会社から社員50名前後の会社への転職だったので、大手とベンチャーのギャップや、仕事の進め方のスピード感の違いなどキャッチすることができたのも含めて成長できたかなと思ってます。

毎月新入社員が入ってくるような会社で私が退職した頃は社員数も200名くらいになっていました。売上も伸びていて、自分が出した数字がそのまま会社の成長につながってる感もあって、やりがいももちろんあって楽しかったんですが、営業として企業と人材の間に介在している価値をより提供していきたいなーと思って、前職のITエンジニアに特化した人材の会社に転職することになります。

人材営業 → 業務委託支援

3社目は人材紹介と業務委託をメインでやっている会社で業務委託の担当として入社。大小様々な企業のプロジェクト支援とフリーランス(個人事業主)で活躍されてるエンジニアの方の営業支援に従事してました。企業のこれからの成長を支援していくというよりは、直近の課題解決や、単純に人が足りていないプロジェクトの支援していくって感じで紹介事業とは異なりスピードがめちゃくちゃ早かったです。サイトに登録後、登録面談して次の日には顧客先に面談に一緒に行き、その場で決まって翌週から参画してもらうなんてことありました。

一緒にやっているメンバーと協力しながら色んな企業の支援をしていくというのは楽しかったですし、スピードが早い分、他社へ負けないために日々緊張感持って従事できてマネジメント等も経験させてもらって成長することができたと感じています。

業務委託支援 → FIXER人事

そんな営業として急かせかと働いていてる中、新型コロナが本格的に流行りだす前のタイミングで当時FIXERで採用担当をしていたイケメン人事から「うちで採用やりませんか?」と急に声をかけられました。

まさか自分が担当している企業の採用担当から声をかけられるとは思っておらずびっくりしましたが、その方とは仲良くさせてもらっていたし、せっかく声をかけてもらったんだから話聞いてみようかなと。

なんで声をかけてくれたのかとか、今どういうフェーズで採用担当を必要としているのかとか、企業へのヒヤリングみたいな感じで話を聞きつつ、その他内部事情を聞ける範囲でちょこちょこリサーチしつつ、面接に伺います。

面接でお会いするのが初めての方もいましたが、総じて印象もよく、いい意味で大変そうでチャレンジしがいがあって成長できそうだなと思い転職を決意。2020年4月末に入社しました。(コロナ真っ只中、緊急事態宣言中ということでリモート勤務からスタート)

なんで転職したのか、なんでFIXERなのか、といったことを背景も含め、お話させていただければと思ってたんですが、ここから書いてると長くなるなーと思ったので、それは次書こうかなと思います。

長文、最後まで読んでいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。