ざっくり覚える、Azureサービス プリンシパルとマネージド ID

「施されたら施し返す、恩返しです」がマイブームの荒井です。毎週日曜日に編み出される名言が楽しみでしょうがない、今日この頃です。

今日はわかったようで、よくわからない「Azure によって提供される認証ツール」の違いを超ざっくり記載します。
(ざっくりだもんで、記載内容が間違ってたらゴメソってことで,;’.・(゚ε゚(O三(>_<`)o )

 

Azure によって提供される認証ツールは2つある
1)サービス プリンシパル
2)マネージド ID

2つの違いをざっくり書くと
2つともの機能的にはだいたい同じ。サービスプリンシパルは、初期設定や情報管理の運用がめんどいので、Azure内の認証ツールは基本、簡単発行・運用ができるマネージドID利用が推奨。但し、マネージドIDはオンプレミスのアプリケーションまたはサービスは未サポートだもんで、オンプレミス利用時はサービスプリンシパルを使わざるえないっすー。

2つの違いをざっくり表にまとめると

もっと詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ↓↓↓

【Microsoft Learn】
Azure リソースのサービス プリンシパルとマネージド ID を使用して Azure サービスにアプリを認証する

以上、「ざっくり覚えるAzureサービス プリンシパルとマネージド ID」でしたー!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

FIXER Inc. 荒井 隆徳
  • FIXER Inc. 荒井 隆徳
  • (あらい たかのり)
    Senior Solutions Specialist / Azure Training instructor
     
    昨日の自分よりも今日の自分、そして今日の自分よりも明日の自分が成長しているように日々FIXERでチャレンジさせていただいてます!日々前進!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。