タイポは許さない。

タイポとは

タイポ(Typo:typographical error)とは誤植である。コーダーにとってタイポはつきものである。例えば、SuccessSucsessなどと間違えると、検索をしても見つからないため、発見は容易ではない。さらに、他人に後から指摘されると逃げたくなるほど恥ずかしい。(ここ大事) Word等ではスペルチェックをしてくれるが、コードを書く際にはVSCode等のテキストエディタを使うため、スペルチェックはされない。英語が苦手な人の多いコーダーにとっては致命的である。 そこで、本ブログではタイポを指摘してくれる拡張機能を紹介する。

Code Spell Checker

タイトル通り、スペルチェック(タイポ)を指摘する拡張機能である。 拡張機能のreadmeページより

Wordなどに付属しているスペルチェッカーとの決定的な違いは、キャメルケース、ケバブケース等に対応していることである。 しかも、間違えた単語に似ている候補を表示し、サジェストを行ってくれる。 拡張機能のreadmeページより

もちろん、スペルチェックを行いたくない単語を辞書に登録して、チェックさせないこともできる。(固有名詞など) また、seetings.jsonに以下のように記述することで、特定のフォルダや拡張子を無視することも可能である。

例:node_modulesフォルダ

"cSpell.ignorePaths": [
        "node_modules"   
]

おわりに

これであなたもタイポとはおさらばです!以上、よくタイポする國友でした。

* 画像は拡張機能のreadmeページより

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。