採用担当の Azure資格取得奮闘記【第2弾】AZ103を受けてみた!

この記事はFIXER Advent Calendar 2020 ( https://adventar.org/calendars/5587 ) 9日目の記事です。

こんにちは。HR Divisionの渡辺です。

今年も残りわずか。クリスマスが近づき、先日我が家のリビングにもクリスマスツリーが登場し、子供たちと一緒に飾り付けをしました!家族団らんを改めて幸せと感じる今日このごろでーす!

さて、以前【採用担当がAzureをゼロから学んでAZ900合格!までの1ヶ月奮闘記】を投稿してから、6か月が経過してしました。

実は、AZ900を取得後も継続してFIXERエンジニアの協力や参考資料をちょっとずつ読み進め、なんとAZ103も取得しました!!

今回は、1年前はクラウドの基礎も正しく理解できていなかった私がAZ103取得までの奮闘記をお伝えします!

はじめに

AZ103とは、Azureサブスクリプションとリソースの管理、ストレージの実装と管理、仮想マシン(VM)のデプロイと管理、仮想ネットワークの設定と管理、アイデンティティの管理という技術的なタスクを遂行する能力を測定する試験です。(現在はAZ104に名称が変更となっています。)

ファーストアクション

AZ103を受ける上で、AZ900を受けたときと同様に、まずは試験日を決めることからスタート!

Microsoft認定試験は、コロナの影響でテストセンターが閉鎖されたり人数制限があり、なかなか希望の場所と時間を設定することができませんでしたが、何とか空き会場を見つけ、無事予約完了!!

今回もFIXERが持っているバウチャーを使って申し込みができたので、受験料もタダでできるなんて幸せです!

さすがに、1ヶ月後では時間が足りないと考え、2か月後に設定しました。

セカンドアクション

AZ900同様、参考書を購入し勉強開始!私が恵まれていると感じたのは、すでにFIXER内にAZ103に合格した社員が多数いたこと。参考書を読み進める上で、実際にAzureを触っていない私では全く理解できないことが多々あり、一つ一つ周囲のメンバーを頼りながら解決していくことができました。

また、今回も【MS Learn】を活用しました!

ちなみに、試験勉強は基本的に土日を使って行いましたが、勉強期間は大分”コメダ珈琲さん”にお世話になり、その節は本当にありがとうございました!テレビでもやっていましたが、コメダ珈琲さんのナポリタンはおいしいので、是非お試しくださいね~~~(^^)/

試験当日

試験時間は11:30だったので、1時間ほど前に会場を下見して近くのドトールに入って、これまでに試験対策で作成していたヨレヨレになったメモ帳を斜め読み!でも緊張もあり、事前のインプットはできないですね💦

緊張の中、30分前には会場入り!試験官に身分証を2種類出して無事確認が取れたところで、

何と!試験官から「少し早いけど、もう会場入ってテスト受けられますよ!」と。。。

その一言で、また緊張度が高まる!!「少し待ってください」と言って、再度ヨレヨレのメモ帳を斜め読み!やっぱり頭に入らない。。。

この状態で30分待っても何も変わらないと、徐に立ち上がって「入ります!」

試験官にホワイトボードを渡されて、PCの前に着座。なぜかさっきまであった緊張感はなくなりました(笑)

試験時間は、180分、700点以上で合格

試験結果

試験時間としては、私の場合は100分くらいで終わったかと思います。1度最後まで問題を解き終えてから、再度答えを確認する時間もあったので、以外に時間は余裕だと感じました。

確認もして、私としては意外に良い点が取れるかも感じたので、試験終了!!

AZ900と同じく、点数はすぐに画面に表示されました。そこには、、、497点

一瞬の出来事でしたが、点数が表示された瞬間はとても長く感じました。。。

サードアクション

結果はでましたが、実は私が持っていたバウチャーは2回受験できるものだったので、もう1回チャンスがあったんです!FIXERのメンバーからもAZ103は難しいので、1回で取れたらすごいといわれていたので、次は絶対に受かるという思いになれたのは、本当に救いがあったと思います。

FIXERに戻り、早速仲間に報告。その時もらったアドバイスは、「1週間後再度受けましょう」「絶対そうしたほうがよいですよ」「せっかく今頭に知識が入っていて試験の感覚もあるので、それを忘れる前に受けたほうがよいです」など、前向きなアドバイスをもらったので、その場で再受験日を設定!!!!!!

再試験までの1週間は1度試験を受けたことで自分なりに対策が取れたので、大分知識も整理されたように感じます。

再試験当日

再試験も前回と同じ会場を予約できたので、下見もなく、前回よりも落ち着いて会場入りすることができました。会場ではいつも通り身分証の確認と写真撮影。無事確認と登録も終わり、いざPCへ移動。

試験を始めてびっくりしたのは、前回と試験の構成が違っていたのと、問題数も前回と違っていました。そして当たり前ですが、前回やった試験と出る問題は全く違っていました。

今回は1問に時間をかけても十分所要時間内には最後まで解けることが分かっていたので、1問に時間をかけて進めることができました。

時間としては、150分程度かけたと思います。自信ある問題も再度見直しを行い、自信が少しない問題については、頭の中に記憶されている情報をノートのようにめくる様なイメージで、記憶をたどって答えを修正しました。

確認できる答えを2巡した時点で、試験終了!! 結果は724点!

小っちゃくガッツポーズ!本当にほっとしました。

受験してみての感想

AZ103は本当に難しかったですが、1年前までクラウドを知らなかった私でも周囲の協力を得ながら合格することを目標に掲げて頑張れば取れることを証明できました。FIXER内でインフラ関連業務を行っているエンジニアからも多めの言葉をもらうことができて本当にうれしかったです。

AZ103取得のご褒美

AZ103を取得し、クラウド講座のプレゼンスキルも証明できたことで、何とMCTも取得することができました。現在は、MCTとして月額100ドル分無料で使えるアカウントも発行でき、先日MCT認定証も無事もらえました!

これで、FIXER採用担当がAZ103取得までの奮闘記完結です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!