クラウド未経験が7日でAZ-900合格してみた #Azure リレー

はじめに

入社して3週間ちょっと立ちました。新しい仕事、新しい街、新しい方々との出会い。毎日が新鮮で生き生きしています。入社間もなくマイクロソフトトレーニングを受けてAZ-900を受験してきましたのでちょっとブログを書いてみようと思います。

他の記事でこの試験の内容とか対策は書いてあったので今回は知識0の人間がどうやって進めていったかというところにフォーカスして書いていきたいと思います。あくまで僕はこうやりましたよーっていうマインド面の話になります。超初心者用ですので悪しからず。

そもそも用語がわからない→ならググるしか!

マイクロソフトトレーニングを受けさせていただいたのですが、とにかく一つ一つの用語の意味が分からない!!!

マイクロソフト講師の方「サブネットを切りだしてその中にOSを持った仮想マシンをたてていくわけですねぇ。」

ふむふむサブネットを切り出して、OSを立てるのかー。

うん。そもそもサブネットってなんですか?OSって聞いたことあるけど…なんだっけ?

おそらくこの業界では当たり前のようにみんな知っているようなこと(自分が無知すぎるのかもしれませんが)を僕は全然知りませんでした。

恥ずかしながらそんな状態でした。

じゃあどうしたか?シンプルです!とにかく出てきて良く分からない用語はメモして「ググる!」

その調べた先でもわからない単語がめちゃめちゃ出てくるのでまたもや「ググる!」

それでも理解できなければYouTubeでも探しにいく!要は「ググる!」

とにかくAzureの前にIT用語を「ググる。」ググり倒します。

知らないからググるなんて当り前じゃないかと思うかもしれませんが、他の業界よりも特に呪文のような用語が多めな気がしますので「ググる」が大切です。用語の意味を知ると意外とそういうことなんだーって繋がったりします。

全体像をざっくり捉える

用語を適宜抑えながら、それに加えて全体像をざーーーっくり捉えていきました。

「IPアドレスって要するに住所のことで、その中にサブネットっていう専用の部屋を作って他とは切り分けていく。その部屋のドアにはカギをかけるためにNSG(ネットワークセキュリティグループ)とかFireWallを立てれば安全。」そんな感じでとにかくざーーっくり捉える。細かいことは後にしてこれは今何がしたいんだろうっていう概要を捉えるようにする。

後はAzureのポータルを触りながらここにこういう機能があってこういうことがしたいんだなーって感じで学習しました。Azureポータル使ったことがない人は簡単な登録をするだけで30日間期限付きで、22500円分のクレジットがもらえますので是非一度使ってみてください。(2021年1月23日現在)

とにかく全てを理解しようとはせず、最初はあくまでざーっくりと理解する。

受験してみる

さあ、なんとかなく分かってきたし受験してみようかなぁと。

ただ実際に試験するとなると「ざっくりに!」というわけにはいきません。なので次は用語を覚えていく。

結論からいうと正直ここまでくればあとは暗記です。力技です。

英語が呪文のようにたくさん出てきますがマイクロソフトが分かりやすくまとめてくれていましたので載せさせていただきます。グループ分けすれば若干分かりやすくなる気もします。

最後に

ちなみに実際の試験結果は895点 / 1000点でした。

今回は未経験からAZ-900合格までをざーっくり書いてみました。

今もわからない横文字をたくさん聞いて頭がパンクしそうになっていますがとにかく毎日ググってます(笑)

クラウドってそもそもなんなんだという超初心者の方の参考になればいいなと思って書いてみました。

それではまた。

FIXER Inc. ざぶろー
  • FIXER Inc. ざぶろー
  • (ほり こうざぶろう)

    楽しいを追及して!日々前進していきます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。