【2021年9月 2weeksインターンシップ】インターン開発体験談

株式会社FIXER新卒採用担当の諸見里です。この度、9月6日~17日までの2週間で夏季インターンシップを実施いたしました。今回のインターンシップは14名にご参加いただき、最終日に参加者全員にブログを書いていただきましたので、その内容を代筆いたしました。以下内容がインターン生のブログになりますのでご覧ください。

2Weeksインターンシップに参加した三浦志菜です。

私はインターンシップでPowerAppsを用いて電子回覧板を開発していたのでその体験談を書いていこうと思います。

1.開発したアプリ

今回私たちは回覧板を電子化するアプリケーションを開発しました。

このアプリでは管理者側とユーザー側で機能が分けられています。

a.管理者側からの投稿

管理者は参加者に対して新しいお知らせを簡単に投稿することができます。
このとき、管理者の負担を減らすため、地域のお知らせを想定した既読機能付きのテンプレート1と会の開催のお知らせを想定した参加有無回答フォーム付きのテンプレート2の2つの様式を用意しました。

b.フィルター機能

管理者の投稿を重要度によって表示分けすることで、情報の取捨選択がしやすいようにしました。

c.ユーザーからの目安箱

例えば飼い猫が迷子になってしまった場合や、クラブ活動の誘い、個人経営店のお知らせなど、一般ユーザーからも地域の方にお知らせを投稿できるような機能を作成しました。

2.まとめ・感想

今回2週間という短い期間でしたが、PowerAppsを使うことで実装をスピード感を持って進めることができたため、想定していた機能をほとんど実装することができました。さらに実際にアプリをテストする段階まで持ってくいくことができました。
しかし、実際に作成したアプリをプレゼンすると、インパクトが求められるため、UIの大切さに気付かされました。