【Azure Solutions Architect Expert】入社一年目の新人がAZ-304に合格した話

はじめに

こんにちは 最近Minecraftにハマっています本田です。

ver1.2.5だのver1.6.4だので遊んでいた自分にとっては新しいものでいっぱいです。

さて、2022年1月にAZ-304を受験して合格してきました。AZ-303も過去に合格してましたので、Azure Solutions Architect Expertを取得しました!(やったね!)

認定証ももらいました。

認定書。かっこいい。

今回も合格体験記として勉強方法、受験して感じたこと、自分で調べてよくわからなかったことをまとめていきます。

過去に書いた体験記はこちら

概要

公式サイトより参照しました。

  • 問題数:約60問
  • 合格点:700点
  • 試験時間:120分ぐらい
  • 試験内容 :
    • アイデンティティとセキュリティの設計(25-30%)
    • データストレージの設計(15〜20%)
    • ビジネス継続性の設計(10〜15%)
    • インフラストラクチャの設計(25-30%)

受験結果

1回受けて819点でした。

前回受けたAZ-204がギリギリだったのを反省してちゃんと勉強したので、いい点数が取れました。

全体的に8割近くとれているので満足です。

819点の内訳

勉強方法

  • Udemy

AZ-304: Microsoft Azure Architect Design Practice Tests 2022 を購入して10周ぐらいしました。300問以上問題がありますので、結構やりごたえがあります。これまでやってきた問題集たちと比べて役に立った方なので、量的にも質的にもおすすめです。

  • MS Docs

問題集をやっていて疑問に思ったところを調べました。業務で扱う機会がなかったのもあって、Azure AD系を重点的に調べました。

日本語版だとよくわからなかったりするので、その時は英語記事にしてからGoogle翻訳をかけることをお勧めします。URL内にある ja-jp en-us にすると英語記事に飛べます。

MS Docsではありませんが、こちらも参考にしました。

合格・取得した感想

Azureチョットわかるかなぐらいになってきました。

具体的には、

  • Azureの強みであるActive Directoryを含めた実装、サービスについて詳しくなった
  • 複数のリソースを使うシステム構成図を複数パターン考えれるようになった
  • Azureのわからないことを調べるための時間が短くなった/なくなった

業務で資格試験の知識が100%生きるかと問われると、答えは「わからない」にはなりますが、これから業務を行うにあたっての予習としては100点だと思うので、大満足です。

これで勉強は終わりというわけでもないので、これからもAzureについて勉強しながら頑張っていきます。

わからないことがあったら適宜ブログに書きたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

それでは。