Global DevOps Bootcamp @ Tokyoに行ってきました

DevOpsの登場から10年もの歳月が経った。今やDevOpsへの取り組みは当たり前のように行われ、当時ほど特別視されることもなくなった。しかし、不十分な理解から間違った方向に進んでいるチームも少なくないという。一体DevOpsとは何なのか?その謎を解明すべく我々はアマゾンの奥地へ向かった。

というわけで

6/15に行われたGlobal DevOps Bootcamp @ Tokyoに参加してきました!開催地はなんと、Amazonの奥地……ではなく、日本マイクロソフト品川本社です。それでは、レポしていきましょう!

10:00 AM : Keynote

朝10時(JST)からKeynoteが始まります。始まりましたが……

うーんちょっと間に合わないです……「入門 起床」ってオライリー本どっかで売ってましたっけ。

11:15 AM : Local Keynote

寝坊したのでローカルキーノートから参戦。竹林さんより、そもそもDevOpsとは何か?を原典から読み解くお話をしていただきました。ちなみにDevOpsの原典はこちら。

日本語の情報ばかりを求めて2次ソースを読み漁るより、思い切って英語の1次ソースを読む方が正確ですよね。耳が痛い……。

もう一つ重要だと思ったのが、Golden Circle。Why→How→Whatの順番で伝えろ、というモデルです。目的を理解せず、DevOpsのプロセスのみを実践するなんて何の意味もない。何故DevOpsを実践するのか?を常に念頭に置いて取り組むことが重要だと感じました。このモデルが紹介されたTEDは日本語字幕付きなので、ぜひ原典に当たってみましょう。

1:00 PM : Azure Artifacts

Microsoftの東野さんより、Azure Artifactsのお話をしていただきました。プライベートなNuGetリポジトリやnpmリポジトリなどを簡単に作成することができるサービスです。入社してから配属されたチームで使っていて非常に便利な印象は持っていたのですが、Upstream Sourceなどまだまだ知らなかった便利機能があって驚きました!学生時代はこういうのが欲しいなって思いながらgit submoduleを使っていたので、こういうサービスと出会えてとても嬉しいです。

2:00 PM : App Center

三宅さんと藤森さんより、App Centerのお話をしていただきました。モバイル開発に疎い僕はプレビュー版だった頃のVisual Studio Mobile Centerしか知らなかったので、めちゃくちゃ進化してて驚きました。Cosmos DBへの接続が簡単になったり、Authサービスが提供されたりといい感じです。そのうち、FirebaseのようにSPAのバックエンドとして触ってみたいです!

3:00 PM : Azure DevOps Hands-on

Azure DevOps Labsを使って、Azure DevOpsのハンズオンをしました。英語ですが、Azure DevOpsのチュートリアルが沢山あって勉強が捗りますね!

おわりに

参加予約ページが英語だったのでちょっとドキドキしながら参加したGlobal DevOps Bootcamp。沢山の学びがあり、楽しかったです。個人的にはAzure Artifactsにとても惹かれているので、もっとAzure DevOpsを使っていこうと思います。もちろんツールを使うだけではダメなので、DevOps自体の理解も深めていきたいですね。

運営された皆さん、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。