~秋季集中学習~ AZ-300 取得に向けた学習計画編

こんにちは。先日 AZ-103 を取得した Marketing & Sales Division の荒井です。
AZ-103 取得に関する過去ブログはこちらからどうぞ

一つの終わり。新たな始まり。

そうなんです!AZ-103 取得の次は、上位認定資格であるAZ-300 取得を目指します!! UREEEEYYYYY!!!!!!

クラウド大航海時代の営業は、技術にも明るくならんとね!

いつか認定資格をコンプリートし、全商談で技術的見解も述べられる次世代の営業に俺はなる(*´σー`)エヘヘヘヘ

さてさて、夢の世界から抜け出し、現実を見てきましょう!今回対峙する AZ-300 の概要はご覧のとおりです(詳細は公式サイトの試験概要をご覧あれ)

AZ-300:Microsoft Azure Architect Technologies

AZ-103: Microsoft Azure Administrator 」の試験範囲と比較して、AZ-300 はアプリ色が滲み出てますね。アプリの作成とデプロイ」スキルの詳細をご覧いただくとわかりますが、「 PaaS を使用したウェブアプリの作成」 とか「コンテナ上で動作するアプリケーションを設計して開発」 とか心滾るキーワードが点在しています!

そして、AZ-103 試験同様にきっと実技試験( Azure Portal を操作し、お題通りに構築を行うシミュレーション問題)が出るんだろうなぁと思うとゾクゾクして、目をそっ閉じしたくなりますね。今回はばっちり実技試験を意識した学習をしなくては!頑張るぞ―――!!

スキルの評価
・インフラのデプロイと設定 (25-30%)
・ワークロードとセキュリティの実装 (20-25%)
・アプリの作成とデプロイ (5-10%)
・認証とセキュアなデータを実装 (5-10%)
・Cloud および Azure ストレージ用の開発 (20-25%)

https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/exam-az-300.aspx

という訳で

今回の学習計画草案

今回も前回同様に自社サービスの恩恵を最大限賜りつつ、初めてのアプリ領域もこなすチャレンジ受験!心滾る!! UREEEEYYYYY!!!!!!

【学習プラン】
 ① cloud.config Boot Camp から3コースチョイス
   1) Azure概要編
   2) アプリケーション開発基礎編
  3) アプリケーション開発応用編
  4) アプリケーション機能追加編
  5) インフラ特別編 受講
 ② 技術書籍 *本は随時おススメを取込み
   1) ひと目でわかるAzure Active Directory
   2) Azure Administrator
  ③ Azureポータルのお触り&検証
   1) 試験範囲をそれはもう、一生懸命に確認する

また、今回は前回ブログで記載した「Azureの進化に負けないスピードで試験も進化している」という経験から「試験問題は月次間隔で update されているのでは?」という仮説をたてました(何の根拠もありませんが)。

だもんで今回の受験では、1回目がNGだった際は、即時課題解決して同月内で2回目を受験するコンティンジェンシープランを意識したスケジュールで立てます!!
もちろん基本的には一発合格を目指しますが、AZ-300 試験は高難易度試験ですので、1回目で課題を炙り出す荒業を行うことも辞さない。なんて思ってます。(誰か―――無限バウチャくださーい!! なんちゃって (*´σー`)エヘヘヘヘ )

秋季集中学習の進捗は、随時ブログを通じて一方的に情報発信させていただきます!学習プランが効果だったかどうかもブログで触れていきたいと思いますので、次回「 AZ-300 学習進捗報告編」をお楽しみに。

この秋、次世代の営業に俺はなる!!

駄文にも関わらず、最後までお読みいただき、いつもありがとうございます。

UREEEEYYYYY!!!!!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。