Terraformを使ってApplication Insightsの設定を行う

こんにちは。cloud.config Divの神田です。今回はTerraformを使ってAppServiceとApplication Insightsの連携を行う方法です。

TerraformでApplication Insightsを有効にするには

AppServiceにApplication Insightsを設定すると、AppServiceの「構成」ブレードの「アプリケーション設定」に設定が反映されます。Terraformではこの「アプリケーション設定」の値を設定することが可能なので、こちらを利用してApplication Insightsを設定していきます。(残念ながらGUIに対応したパラメータは用意されておりません。)

アプリケーション設定

とりあえずApplication Insightsを有効にする

以下がAppServiceに対して、Application Insightsを有効にし、コレクションレベルを「推奨」に設定するコードです。しかし、この状態ではProfilerやスナップショットデバッガーといった設定は有効になっていません。

# Application Insightsの生成
resource "azurerm_application_insights" "appin01" {
  name                = "Application Insightsのリソース名"
  location            = "リージョン"
  resource_group_name = "リソースグループ名"
  application_type    = "web"
}

# AppServiceの生成
resource "azurerm_app_service" "app01" {
  name                = "AppServiceのリソース名"
  location            = "リージョン"
  resource_group_name = "リソースグループ名"
  app_service_plan_id = "AppServicePlanのリソースID"

  app_settings = {
    "APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY"             = "${azurerm_application_insights.appin01.instrumentation_key}"
    "ApplicationInsightsAgent_EXTENSION_VERSION" = "~2"
    "XDT_MicrosoftApplicationInsights_Mode"      = "recommended"
  }
}
実行結果(Application Insightsを有効にする)

Profilerを有効にする

以下がProfilerを有効にするコードです。

# AppServiceの生成
resource "azurerm_app_service" "app02" {
  name                = "AppServiceのリソース名"
  location            = "リージョン"
  resource_group_name = "リソースグループ名"
  app_service_plan_id = "AppServicePlanのリソースID"

  app_settings = {
    "APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY"             = "${azurerm_application_insights.appin01.instrumentation_key}"
    "ApplicationInsightsAgent_EXTENSION_VERSION" = "~2"
    "APPINSIGHTS_PROFILERFEATURE_VERSION"        = "1.0.0"
    "DiagnosticServices_EXTENSION_VERSION"       = "~3"
    "XDT_MicrosoftApplicationInsights_Mode"      = "recommended"
  }
}
実行結果(Profilerを有効にする)

スナップショットデバッガーを有効にする

以下がスナップショットデバッガーを有効にするコードです。ただし、「 例外がスローされたときに、アプリケーションのローカル変数を表示します。 」の設定は無効です。

# AppServiceの生成
resource "azurerm_app_service" "app03" {
  name                = "AppServiceのリソース名"
  location            = "リージョン"
  resource_group_name = "リソースグループ名"
  app_service_plan_id = "AppServicePlanのリソースID"

  app_settings = {
    "APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY"             = "${azurerm_application_insights.appin01.instrumentation_key}"
    "ApplicationInsightsAgent_EXTENSION_VERSION" = "~2"
    "APPINSIGHTS_SNAPSHOTFEATURE_VERSION"        = "1.0.0"
    "DiagnosticServices_EXTENSION_VERSION"       = "~3"
    "XDT_MicrosoftApplicationInsights_Mode"      = "recommended"
  }
}
実行結果(スナップショットデバッガーを有効にする)

スナップショットデバッガー+ローカル変数の表示を有効にする

以下がスナップショットデバッガーと「 例外がスローされたときに、アプリケーションのローカル変数を表示します。 」を有効にするコードです。

# AppServiceの生成
resource "azurerm_app_service" "app04" {
  name                = "AppServiceのリソース名"
  location            = "リージョン"
  resource_group_name = "リソースグループ名"
  app_service_plan_id = "AppServicePlanのリソースID"

  app_settings = {
    "APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY"                  = "${azurerm_application_insights.appin01.instrumentation_key}"
    "ApplicationInsightsAgent_EXTENSION_VERSION"      = "~2"
    "APPINSIGHTS_SNAPSHOTFEATURE_VERSION"             = "1.0.0"
    "DiagnosticServices_EXTENSION_VERSION"            = "~3"
    "InstrumentationEngine_EXTENSION_VERSION"         = "~1"
    "SnapshotDebugger_EXTENSION_VERSION"              = "~1"
    "XDT_MicrosoftApplicationInsights_BaseExtensions" = "disabled"
    "XDT_MicrosoftApplicationInsights_Mode"           = "recommended"
  }
}
実行結果(スナップショットデバッガー+ローカル変数表示を有効にする)

SQLコマンドを有効にする

以下がSQLコマンドを有効にするコードです。

resource "azurerm_app_service" "app05" {
  name                = "AppServiceのリソース名"
  location            = "リージョン"
  resource_group_name = "リソースグループ名"
  app_service_plan_id = "AppServicePlanのリソースID"

  app_settings = {
    "APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY"                  = "${azurerm_application_insights.appin01.instrumentation_key}"
    "InstrumentationEngine_EXTENSION_VERSION"         = "~1"
    "ApplicationInsightsAgent_EXTENSION_VERSION"      = "~2"
    "XDT_MicrosoftApplicationInsights_BaseExtensions" = "~1"
    "XDT_MicrosoftApplicationInsights_Mode"           = "recommended"
  }
}
実行結果(SQLコマンドを有効にする)

全部盛りにする

以下が上記すべての設定を有効にするコードです。

resource "azurerm_app_service" "app06" {
  name                = "AppServiceのリソース名"
  location            = "リージョン"
  resource_group_name = "リソースグループ名"
  app_service_plan_id = "AppServicePlanのリソースID"

  app_settings = {
    "APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY"                  = "${azurerm_application_insights.appin01.instrumentation_key}"
    "APPINSIGHTS_PROFILERFEATURE_VERSION"             = "1.0.0"
    "APPINSIGHTS_SNAPSHOTFEATURE_VERSION"             = "1.0.0"
    "ApplicationInsightsAgent_EXTENSION_VERSION"      = "~2"
    "DiagnosticServices_EXTENSION_VERSION"            = "~3"
    "InstrumentationEngine_EXTENSION_VERSION"         = "~1"
    "SnapshotDebugger_EXTENSION_VERSION"              = "~1"
    "XDT_MicrosoftApplicationInsights_BaseExtensions" = "~1"
    "XDT_MicrosoftApplicationInsights_Mode"           = "recommended"
  }
}
実行結果(全部有効にする)

最後に

同じ設定のリソースを繰り返し作成する場合などは、GUIを操作するよりもコードにしたほうが作成、管理の手間が省けるのでいいですね。

FIXER Inc. 神田 仁
  • FIXER Inc. 神田 仁
  • cloud.config Division所属
    Azureを用いたインフラ構築を行っています。構築のノウハウやTerraformを用いた効率化の方法などを紹介していけたらいいな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。