でんこうせっかでWindows Terminalをかわいいポケモンにしてみる。

この記事はFIXER Advent Calendar 2020 ( https://adventar.org/calendars/5587 ) 7日目の記事です。前日は望月さんの エンドユーザサポートの心構え ~社内情シス 障害問合せ対応編~ でした。

4ヶ月前からおひるねイーブイとポニータ(ガラルのすがた)のぬいぐるみをデスクに飾っています。和田です。ポケモン、かわいいですよね。カワイイはQoLの向上に貢献します。引いては生産性が高まります。というわけで、本日は質素なWindows Terminalをポケモン仕様にしていきたいと思います。

Pokemon-Terminalとは

GitHub: https://github.com/LazoCoder/Pokemon-Terminal

ターミナルをポケモンテーマに変更してくれるOSSです。こんなやつ。

Before
After 🥰

以下のターミナルエミュレータに対応しています。

  •  iTerm2
  • ConEmu
  • Terminology
  • Windows Terminal
  • Tilix

2017年の末頃に一回hyper-pokemonが流行りましたが、Hyperって動作が重いので使わなくなっちゃうんですよね。Windows Terminalで使えるのは嬉しい🥳

ということで、早速導入していきましょう。

導入手順

1. Python 3.7以上のインストール

こだわりがなければWindows Storeでサクッと入れるやつで良いと思います。そうでなければ desktopでインストールしましょう。

2-1. pipでインストールする場合

pokemon-terminalをインストールします。

pip3 install git+https://github.com/LazoCoder/Pokemon-Terminal.git --user

次に、コマンドがあるフォルダをPATHに追加します。XはPythonのマイナーバージョンで置き換えてください。(3.8の場合はX=8)

Windows Storeの場合

%LocalAppData%\Packages\PythonSoftwareFoundation.Python.3.X_qbz5n2kfra8p0\LocalCache\local-packages\Python3X\Scripts

desktopの場合

%AppData%\Python\Python3X\Scripts

2-2. npmでインストールする場合

Node.jsを使用している場合、npmでインストールしてもよいらしいです。PATHを通す必要がないのでこっちの方が楽そう。(筆者は未確認)

npm install --global pokemon-terminal

3. 外観設定の変更(Optional)

これは任意ですが、見やすいようにWindows Terminalの設定のprofiles.defaultsを調整します。筆者は次のように設定しています。

"cursorShape": "underscore",
"useAcrylic": true,
"acrylicOpacity": 0.8,
"backgroundImageOpacity": 0.2

使い方

pokemonコマンドで操作します。詳しい使い方は-h--helpフラグを後ろに付けて実行すればマニュアルが読めます。

ランダムなポケモンに変更する

pokemon

シンオウ地方のランダムなポケモンに変更する

pokemon -r sinnoh

特定のポケモンに変更する

pokemon pikachu

もしくは

ichooseyou pikachu

「ピカチュウ、キミにきめた!」

おわりに

カワイイ環境が構築できたので満足しました。筆者の最近のお気に入りはアグノムです。

Windows TerminalでもWSLを操作しているときに使えないのが唯一痛いですが、PowerShellのタブで変えてしまえばWSLのタブにも反映されるのでまあ別にいいかなという感じです。

それでは、よきポケモンライフをお過ごしください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。