リフレッシュはいかがでしょう ~実はそれ、ぜんぶ三重なんです!~ ①御在所編

この記事はFIXER Advent Calendar 2020(https://adventar.org/calendars/5752)8日目の記事です。

前回の記事はJumpeiさんの「C#のビルド構成をカスタマイズしてみる」でした。

あらためまして、FIXER 四日市の拠点で総務を担当している堀ノ内です。「健康」や「リフレッシュ」など、デスクワークが多いエンジニアの皆さんの何かヒントになるようなお話をさせていただきたいと思います。

前回の「リフレッシュはいかがでしょう!」はこちらです⇒「リフレッシュはいかがでしょう ~運動と食事、どっちが先?~」

■「職住近接」の四日市拠点

今年2020年のGW前に東京本社から四日市勤務となりました。

FIXERのオフィスは近鉄四日市駅の近辺に3つ構えています。

詳しくは四日市採用担当 佐藤由麻さんのブログを参照ください!⇒「オフィス紹介@四日市」

私含め、多くの社員がオフィス周辺に住んでいて「職住近接」を実現しています。

近鉄四日市駅周辺には、商店街、飲食店、カフェ、ショッピングモール、映画館、ホテルなど、生活に必要な施設のほとんどが揃っていて、しかもすべて徒歩圏内という恵まれた環境です。

そのような環境で、全国から集まった若手が日々活躍してくれています。

平日は「職住近接」で快適な上に、四日市は休日も最強です!

■近鉄四日市駅から26分、もうそこは登山口

近鉄四日市駅から湯の山線に乗り、終点の湯の山温泉駅まで26分/390円です。

降りたら、もうそこは登山口です!
自宅からドアドア30分で登山口なんて、それだけでテンションが上がります。

Contributor photo

その駅を起点に、全国にもファンが多い「鈴鹿セブンマウンテン」と呼ばれる鈴鹿山脈の山々に足を延ばせます。私も3つ登ってきました。後、4つです。

一番人気は、ロープウェイでも山頂に行ける「御在所岳(1,212 m)」です。先週(2020/12/6)に登ってきました。

山頂まではロープウェイ乗り場付近の1合目から2時間程度で登れます。登山道には奇岩怪石、花や紅葉など見所が盛りだくさんです。

奇岩の中でもおススメなのは、パワースポットとして有名な「地蔵岩」です。石の上に石が絶妙なバランスで乗っており、“落ちない”ことから、“合格祈願の岩”とも呼ばれています。

Contributor photo

さらに「キレット」と呼ばれる岩場を、鎖を伝って降りるなど、アドベンチャー感満載です。

Contributor photo

ただ安心してください。登山道はよく整備されていて、小学生の子供や、年配の方々も登っています。

■日本で初めてのロープウェイ、実はそれ三重県なんです

ロープウェイの終点に博物館があり、今回訪れてみました。そこで、初めて知りました!

Contributor photo

歴史としては開通60周年、途中の6号鉄塔(白鉄塔)は61mで日本一の高さを誇っています。開業当時は世界一だったとのことです。

Contributor photo

ロープウェイで快適に登るもよし
自然と触れ合いながら自分の足で登るもよし

一緒に行くメンバーによって、いろいろな楽しみ方があります。

頂上にはスキー場があり、今シーズンは2021年1月2日オープン予定です。

Contributor photo

自宅から1時間程度でスキー場とか、四日市最強です!

帰りは湯の山温泉でお風呂に入って、ビールを飲んで帰宅します。

湯の山温泉は開湯1300年の歴史のある温泉です。

■おわりに

今回は「山」をテーマに「実はそれ、ぜんぶ三重なんです!」をご紹介しました。

週末、自然に触れてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか!

三重県、そして四日市の楽しみ方をまた紹介させていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Contributor photo

FIXER Inc. 堀ノ内 健太
  • FIXER Inc. 堀ノ内 健太
  • FIXERの四日市拠点で総務を担当している堀ノ内です。ずっとシステム業界に身を置いているのですが、元々教師を目指しておりました。理系出身なので数学教師の免許を取得しましたが、保健体育の免許も取得しました。そんな背景もあり「健康」や「リフレッシュ」などデスクワークが多いエンジニアの皆さんの何かヒントになるようなお話できればと思います。