【21年新入社員】Girls Interview vol.02

皆さん、こんにちは!HRの諸見里です。 

【21年新入社員インタビュー】女子メンバー編 第2弾です! 

第1弾では、社内の雰囲気を教えていただきましたが、今回は、FIXERで働くやりがいなどについてお話を聞いてきました! 

<<第1弾の記事はこちら>>

【21年新入社員】Girls Interview vol.01 | cloud.config Tech Blog (cloud-config.jp)


以下、インタビュー記事 第2弾になります! 

================================================== 

ーーFIXERで働く意義や、やりがいはどんなものがありますか?  

廣原:FIXERは様々なことにチャレンジしよう!という社風なので、自分が考えたものをどんどん形にできるし、学んだ事もどんどんアウトプットしていける。逆に流れが速いからこそ自分のインプットのスピードも早めていかないといけないというところで挑戦していける、スピード感を持って働けるというのはFIXERで働くやりがいだと思います。 

ーー元々、スピード感を持って働きたいというのがあってFIXERに入ってこられたんですか?  

遠藤:私はどちらかというと、そういう環境にいたら自ずと力がつくんじゃないかなと思って選んだというのが大きいです。実際、その波に揉まれて必死にしがみついて頑張ってますね。

廣原:学生のときは色々なことにチャレンジしようという姿勢ではなかったのですが、チャレンジする社風で意識が高い方々の中に入れば、自分もそれについていってレベルアップしていけるかなと思って入ったというのはありますね。 

ーーではそこに関してあまり入社前とのギャップはないですか? 

廣原:むしろ思ったよりスピード感すごいなっていう感じでした! 

池田:最初からまず、自分たちだけで開発すると思ってなかったです。先輩と一緒に開発して勉強していくのかと思っていたら、自分たちで考えて開発を行っていくことに驚きました。 

遠藤: スピード感でいうと、入社直後から、関わっている開発について進捗確認やアドバイス等を松岡さん(※弊社代表)からダイレクトにいただく機会がたくさんありました。そのような部分は特有なのかなって思います。中途で入社された社員さんとお話しすると、新入社員が社長とこんなに話すことないよって言われますね。

 ーーなるほど!確かに入社直後から松岡さんとのレビュー会などがたくさんありましたよね!続いて、一緒に働いているメンバーとのコミュニケーションはいかがですか? 

遠藤:良好だと思います。自分の考えをしっかりと持っている人が多く、相談したときにはしっかりとアドバイスをくれるので助かっています。

廣原:意見交換を行う際には、出てきた意見やアイデアを取りまとめて、チーム全体の共通認識として考えのすり合わせを行うことで円滑にコミュニケーションができるよう心がけています。

ーー入社後、技術的な成長という部分ではどう感じていますか?  

廣原:初めは分からない専門用語や知識もたくさんあったけど、自分なりに調べるところから始めて、自分で調べて自分で解決できる能力を磨くことができました。 

池田:一人で抱え込まなくても、チームメンバーに相談できる環境もあったので、そこはかなりありがたい部分でしたね。 

================================================== 


以上、第2弾のインタビューでした!

ここまで、ご一読いただきありがとうございました。

第3弾では「現在の業務」などについてお話しを聞きました!次回もお楽しみに★