【2021年9月 2weeksインターンシップ】初めてのインターンシップ、その体験談

株式会社FIXER新卒採用担当の諸見里です。この度、9月6日~17日までの2週間で夏季インターンシップを実施いたしました。今回のインターンシップは14名にご参加いただき、最終日に参加者全員にブログを書いていただきましたので、その内容を代筆いたしました。以下内容がインターン生のブログになりますのでご覧ください。

9月の2Weeksインターンシップに参加させていただいた新徳です。

インターンシップというものに初めて参加した上で経験したことなどを綴っていきたいと思います。ブログを書くという経験も初めてで拙い物ではありますが、ご一読いただければ幸いです。

1.不安

最初に言いました通り、私はインターンシップというものに参加するのは初めてで、参加が決まってすぐは社会経験ができるということがうれしく期待が大きかったのですが、日にちが近づくにつれ不安でいっぱいになっていました。

実はこのインターンシップに参加する前日に二回目のコロナワクチン接種があり、初日は体の調子もすぐれない中、自分は高専の本科生であるというのに自分以外のチームメンバーは大学院生の方であったため、居心地の悪さも感じつつ調子もすぐれない、圧倒的不安感に襲われていました。

2.安心

最初は不安感に襲われていた私でしたが、お昼の時間にチームランチというチームメンバーの方とメンターさんと一緒に昼食を取ったりする時間や、最初にチームで行った模擬開発を経て、チームメンバーの方やメンターさんとお話したりしてその不安も拭い取ることができました。また、私たちのチームでは互いをあだ名で呼びあうという試みをしたおかげもあってか、とても仲の良いチームになっていたと思います。

3.開発

私たちのチームでは、神奈川県藤沢市の公募であった藤沢市公式マスコットキャラクターのふじキュン♥を用いたアプリ開発、というものをお題に開発を進めていきました。企画の段階では大方の方向性を決め、アプリの内容としては藤沢市の観光アプリを作るというものでした。しかし、チームメンバーそれぞれで意見の食い違いなどもおきて大変でした。ここで再度深く話し合いをし、これを解決。これにより、よりチームが団結したと思います。方向性も完全に定まり、アプリ開発を、とここでさらに問題が。全員PowerAppsに触れたことがないため、関数などを用いて機能を作成する際にとても手間取っていまいました。しかし、そこはメンターさんに聞くことによりサクっと解決です。メンターさんのすごさを毎回感じさせられていました。最終的には当初予定した機能全てを搭載することはできず、少し悔しかったですが、個人的にはとても良いものができたと思っています。

4.成果

チーム内でそれぞれ役割分担をし、相談やサポートなど協力して取り組みかなり良い経験をしたと思います。そして、開発したものに対する結果発表の日、なんと、、、

総合優勝🏆 + 三冠

をとってしまいました!!!!

チームの方やメンターの方のおかげで初めてのインターンシップでとても良い結果を残し、楽しく、素晴らしい経験を得ることができました。

5.感謝

感謝、ということでこの場をお借りして様々な方に感謝を伝えたいと思います。

まずは、チームメンバーの皆さん、経験の少ない僕でしたが、皆さんが牽引してくださったおかげでとても楽しいインターンシップとなりました。特に、チームリーダーだったたっちゃん先輩はチーム全体を引っぱってすごいリーダーシップを発揮してくださり、よりチームの結束が深まり、良い結果も残せたのかなと思います。本当にありがとうございました。

次に、メンターさん方、技術も経験も足りなかったため、相談に乗っていただくことが多々ありましたが、困っていたことも一瞬で解決してくださり、本当にありがとうございました。メンターさん達のすごさに圧倒されましたし、憧憬の念を抱いたので、皆さんのようになれるよう努力していきたいと思います。

HRの方々、今回はインターンシップに参加させていただき本当にありがとうございました。今回のインターンシップを通して、たった二週間という短い時間ではありましたが、様々な経験をし、成長することができたと思います。またお世話になることがあるかもしれませんが、その時は是非よろしくお願いします。  最後に、ここまで読んでくださった方、自分でも読み返して珍妙な内容で、拙い文章ではありましたが、最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。